歴史を紐解く(廃藩置県)- 奈良県編



今回は奈良県の歴史を紐解いてみます。ご存知のとおり奈良県は歴史が古く、日本の古代国家の成り立ちに深く関わっています。しかし、ここまで遡ると考古学の世界も入ってくるので、今回は江戸時代から明治時代にかけての歴史に的を絞って紐解いていきます。それだけでも歴史的遺構が数多く存在する地域ですから、一筋縄にはいかないでしょう。
下表は、1869年の版籍奉還から現在の奈良県になるまでの変遷です。

ここで気付くのが、第2次府県統合で堺県となっています。以前からこのシリーズをご愛読いただいている方ならお気付きかと思いますが、実は、明治9年4月18日に堺県に編入され、明治20年11月4日に奈良県が再設置されています。こちらにつきましては、大阪府編を是非閲覧ください。それでは、早速「奈良府」から見ていきましょう。

奈良府
豊臣秀吉の時代、「順慶」亡き後「筒井氏」は伊賀国に転出し、代わって郡山城に大納言「豊臣秀長」が拠を構え、地域の再編と産業奨励に乗り出し大和は安定しました。
江戸時代、奈良(奈良奉行)・五條(五條代官)・今井(惣年寄)を幕府が直轄支配していました。
郡山藩が15万石で最大石高ですが、奈良県の山辺郡などを三重県の津藩が領有しており、津藩を含めた場合は、津藩が最大石高になります。
元禄8年(1695年)まで、宇陀市大宇陀に2万8千石で松山藩が所在していましたが、丹羽国柏原へ移封されています。
高取藩が2万5千石で、小泉藩・柳生藩・柳本藩・芝村藩・櫛羅藩などは陣屋でした。また、交代寄合旗本「平野家」が田原本陣屋を構えていました。
このうち大和南部の広大な山域は、「五條代官所」管轄の天領となっていましたが、実質はあまりに広域のため十津川村の十津川郷士などをはじめ、各地域(郷村)による自治を行っていました。また、あまり知られていませんが、五條代官の支配地・管轄はかなり広域で、現在の和歌山県の一部も含んでいました。
慶応4年(1868年)1月、新政府は添上郡奈良に大和鎮台を設置し、大和鎮撫総督府を経て、同年5月19日に奈良県、7月29日に奈良府となり、大和国一円の幕府領、旗本領、寺社領、十津川郷(翌年より)を管轄していました。
明治2年7月17日(1869年8月24日)奈良県に改称し、同年に十津川郷を兵部省軍務官に(後の五條県)に編入、明治3年(1870年)に宇智郡・吉野郡および葛上郡・宇陀郡の一部を五條県にそれぞれ移管しています。五條県分離当時の奈良県の管轄地域は、添上郡68村、添下郡8村、平群郡61村、広瀬郡12村、葛下郡34村、葛上郡31村、忍海郡8村、宇陀郡89村、式上郡21村、式下郡26村、十市郡38村、高市郡41村、山辺郡55村(いずれも郡域の一部)でした。
明治4年(1871年)の第1次府県統合により大和国10県が統合され、改めて奈良県が設置されましたが、明治9年(1876年)に堺県に編入されてしまいます。堺県は1881年(明治14年)に大阪府に編入され、奈良は「大阪府の大和地域」とされました。しかし、明治20年(1887年)11月4日には大阪府より分割され、奈良県が再設置されました。
明治25年(1892年)には、湊町(現・JR難波駅)から奈良までの鉄道開業で、大阪と奈良が結ばれ、明治29年(1896年)には、奈良鉄道の「木津 – 奈良」間開業により京都と奈良が結ばれます。ここから神社仏閣の多い奈良県が観光地として栄えていくこととなります。さらに、大正・昭和にかけて鉄道網が整備され、多くの観光客が訪れることになります。特に昭和15年(1940年)の紀元2600年祭には、神武天皇とゆかりの深い橿原神宮に多くの参拝者が訪れました。

昭和5年(1930年)頃の奈良県庁

奈良奉行所跡

奈良奉行所は、現在の奈良女子大のところにあり、江戸幕府の設置した遠国奉行のひとつです。約29,000平方メートルの敷地があり、奉行所としては日本一の規模です。堀で囲まれ、京都の二条城と同じ規模です。
幕末の名奉行川路聖莫(かわじとしあきら)が、弘化3年(1846年)から、あしかけ6年間善政をひいたことで有名です。 現在、奈良町の奈良市立資料保存館に復元模型が展示してあり、往時の構えを見ることができます。
残念ながら「大和鎮撫総督府」「奈良県庁」との関連性は紐解けませんでした。

五條県
五條県(ごじょうけん)は、明治3年(1870年)に大和国南部・河内国南部の旧幕府領・旗本領を管轄するために明治政府によって設置されました。
明治3年(1870年)、宇智郡五條村(現五條市)に置かれていた五條代官所に五條県が設置されました。その後、紀伊国内の高野山領、大和国吉野郡十津川郷を管轄しましたが、翌年の第1次府県統合により廃止されました。なお、五條県知事の「四条隆平」は、引き続き奈良県知事を務めています。

五條代官所跡

五條代官所跡史跡公園

文久3年(1863年)8月、明治維新の魁といわれる天誅組の義挙により、現五條市役所の位置にあった五條代官所が焼き討ちにあい、元治元年(1864年)10月、幕府がここに代官所を新たに建てなおしました。明治元年(1868年)5月、代官所は奈良県に引き継がれ、明治3年(1870年)2月、五條県発足のおり五條県庁となりました。その後、警察大屯所や中学校として利用され、明治10年(1877年)には、五條区裁判所となりました。この広場は、史跡公園として平成14年(2002年)に整備され、長屋門は、建てなおされた五條代官所の正門の姿を残す歴史的記念物となっています。

柳生藩
柳生藩(やぎゅうはん)は、大和国添上郡柳生郷(現奈良市柳生地区)を治めた藩です。藩庁は、柳生陣屋に置かれました。石高1万石程度の小藩でしたが、藩主家の柳生氏は代々将軍家の剣術指南役として幕閣に重きをなしました。
藩祖である「柳生宗矩」の死後、1万2500石の所領は、有名な長男の「柳生三厳(十兵衛)」に8300石、三男の「柳生宗冬」に4000石、四男の「柳生六丸(列堂義仙)」に200石と分知され、柳生氏は大名から旗本となりました。三巌の死後、宗冬がその家督と遺領を引き継ぎ、宗冬の所領4000石は幕府に返上となりました。しかし、寛文8年(1668年)に1700石を加増され、1万石を領する大名に復帰しています。代々の藩主は、将軍家の剣術指南役を務めるため江戸に定府していました。以後、柳生氏が13代にわたって支配し、明治時代を迎えています。
柳生十兵衛と言えば、テレビ時代劇や映画などにもなっています。「柳生一族の陰謀」などが有名です。

柳生陣屋跡

柳生藩家老屋敷

柳生陣屋は、柳生新陰流を生み出した宗厳(石舟斎)の子宗矩が亡父宗厳の菩提を弔うため芳徳寺を建て、引き続き3年の歳月を費やして、寛永19年に建築したものです。「柳生藩旧記」によると、その坪数は1374坪(4534㎡)で、表は竹の枝門であったと記されています。
その後、宗冬により増築整備されましたが、延享4年(1747年)の火災により全焼し、仮建築のまま明治の廃藩により姿を消しました。中世の山城「柳生城」から今川で隔てた西の台地上にあり、西側を除く三方は急峻になっています。 小学校が建っていましたが、昭和55年に史跡公園として整備されました。 近くには家老小山田氏の屋敷が残り、公開されています。隣には、小山田氏の分家(非公開)があり、こちらの方がより良い雰囲気を醸し出しています。

郡山藩
郡山藩(こおりやまはん)は、大和国に存在した藩です。藩庁は、郡山城(奈良県大和郡山市)に置かれました。
大和国は戦国時代、寺社勢力や豪族が割拠する分裂状態であり、その中では「三好長慶」や「織田信長」に仕え、悪知恵に長けた英雄として有名な「松永久秀」が最も有力でした。久秀が信長に叛いて自滅した後は、「筒井順慶」、次いでその養嗣子「筒井定次」、そして「豊臣秀吉」の弟「豊臣秀長」と続いた後、豊臣政権の五奉行の一人「増田長盛」が20万石で領有していました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、長盛は西軍に与しましたが、その裏では「石田三成」の挙兵を「徳川家康」に内通するという保身策も行なっていました。そのため戦後、所領こそ召し上げられましたが、一命は助けられて「高力清長」に預けられました。これには、金で命を買ったと言う説もあります。
その後、大和郡山は徳川直轄領となっていましたが、「大坂の陣」直前には、家康が「豊臣秀頼」の大和郡山移封を要求したために徳川氏と豊臣氏が全面衝突するに至ったと言われています。このためか、元和元年(1615年)の「大坂夏の陣」では、豊臣軍が郡山城を攻撃して城を守っていた「筒井定慶(順慶の養子)」を討ち取っています。定慶の死により、中世以来の大和の名族「筒井氏」は滅亡することになりました。
「大坂の陣」の終結後、三河国刈谷藩より「水野勝成」が、6万石で入封し立藩します。しかし、勝成は西国鎮衛の任を帯びて元和5年(1619年)に備後国福山藩へ移封され、代わって大坂藩より「松平忠明(家康の外孫、養子でもある)」が、12万石で入封します。この忠明も寛永16年(1639年)に播磨国姫路藩へ移封されます。
「松平忠明」と入れ替わりで、姫路から「本多政勝」が、15万石で入封します。政勝の先代「本多政朝(徳川四天王で有名な本多忠勝の孫)」には、嫡子「本多政長」、次男「本多政信」がいましたが、政長はまだ6歳であったため、跡を継がせるわけにはいきませんでした。これは、「本多家には家訓として幼君に家督を継がせてはならぬ」という掟があったためだそうです。そこで政朝は、従弟の「本多政勝」に家督を譲り、政長が成長した暁には、家督を政長に譲るようにと遺言を残していました。ところが、本来なら家督が巡る機会などなかった政勝は、次第にこの遺言を無視して実子の政利に家督を譲りたいと思うようになりました。そこで、政勝・政利父子は時の大老「酒井忠清」に取り入り、自らが家督を継ごうと画策し始めます。これを見た本多家の家臣「都築惣左衛門」は政勝に対して、一刻も早く家督を成長した政長に譲るように要請しました。政勝は、渋々政長を養嗣子と定めましたが、政利の家督への野望は断ち切れず、寛文11年(1671年)に政勝が死去すると、即座に「酒井忠清」に取り入って裏工作を行ないました。そして幕府の裁定により、所領15万石のうち9万石を政長が、残り6万石を政利が継ぐようにと命じられ、この分知騒動は「九・六騒動」と呼ばれています。
騒動はその後も続き、15万石全てを相続できなかったことに不満を抱いた政利は、延宝7年(1679年)夏、政長を毒殺しました。これにより政利は政長の9万石をも相続できると思ったようです。しかし、幕府の裁定は、政長の跡継ぎである「忠国(忠勝の子・本多忠政の外曾孫)」が、15万石と家督を相続した上で陸奥国福島藩へ移封、政利は播磨国明石藩へ移封というものでした。この時代は「徳川家綱」の時代で、老中合議制により大老「酒井忠清」が権勢を振るっていました。しかし、政利と繋がっていた大老「酒井忠清」が、失脚したため、このような幕府の裁定となったようです。そして、天和2年(1682年)、政利は政長の毒殺の陰謀などが露見し、所領没収の上で三河国岡崎藩の牢獄に入獄し、同地で死去しました。やはり悪いことを目論むと碌なことにはなりませんね。
忠国移封後は、播磨国明石藩から「松平信之」が、8万石で入封します。しかし、貞享2年(1685年)に老中に昇格したのを期に下総国古河藩へ移封となりました。
代わって、下野国宇都宮藩より、「本多忠平」が12万石で入封しました。この本多氏は、政長系統とは別の「本多忠義(忠勝の孫)」の系統です。しかし、忠平以後は幼主の早世が続き、「本多忠烈」は、5歳で第5代藩主となりましたが、5万石に減知された上、享保8年(1723年)に6歳で没し、無嗣断絶となりました。
将軍「徳川吉宗」時代の享保9年(1724年)、「享保の改革」における幕府直轄領拡大に際して、甲斐国甲府藩から「柳沢吉里」が、15万1000石で入封します。以降明治維新まで柳沢氏6代の支配を経ることになります。第2代藩主「柳沢信鴻」、第3代藩主「柳沢保光」は、名君の誉れ高く、治世の安定・文武の興隆・殖産事業の発展に努めました。畿内の雄藩として禁裏の守護や京都・奈良の防火活動などを行っています。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、新政府軍に加わり東北地方まで転戦しました。

郡山城跡

郡山城(こおりやまじょう)は、奈良県大和郡山市にあった平山城です。豊臣政権の中初期には、秀吉の実弟「羽柴秀長」の居城となり、その領国であった大和・紀伊・和泉100万石の中心でした。
10世紀後半、郡山衆が雁陣の城を築いたという記録が郡山城の初見とされています。奈良時代には薬園が営まれていました。
郡山城は、秋篠川と富雄川の中間に突き出た西京丘陵南端上に位置しています。「明智光秀」や「藤堂高虎」らが普請に携わり、「筒井順慶」や「羽柴秀長」らの主導によって改修されました。奈良は良質な石材が乏しかったため、奈良一帯の各戸に「五郎太石」20荷の提供を義務付け、寺院の石地蔵や墓石、仏塔なども徴発され石垣石として使用されました。中には、平城京羅城門のものであるといわれる礎石が使われていたり、8世紀ごろの仏教遺跡である「頭塔」(奈良市)の石仏が郡山城の石垣の中から見つかっています。
17世紀初頭、「増田長盛」が改易された後一時廃城となりますが、「水野勝成」入封時に徳川幕府よって改修を受けます。その後は譜代大名が歴代城主を務め、「柳沢吉里」入封後は、柳沢氏が明治維新まで居城としていました。桜の名所として、日本さくら名所100選に選定されています。

小泉藩
小泉藩(こいずみはん)は、大和国に存在した藩です。藩庁は、小泉陣屋(奈良県大和郡山市小泉町)に置かれました。
小泉藩の藩祖は、「賤ヶ岳の七本槍」の一人として名を馳せた「片桐且元」の弟「片桐貞隆」です。貞隆は、兄とともに「豊臣秀吉」に仕え、「小田原征伐」や「文禄の役」で武功を挙げ、播磨国内で1万石の所領を与えられました。貞隆は、「豊臣秀頼」の傅役となった兄・且元とともに、秀吉没後の豊臣家を支えました。
慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」の後、貞隆は、「徳川家康」によって所領を大和小泉1万石に移封され、小泉藩が立藩しました。
東山方広寺の大仏殿を「豊臣秀頼」が再建し、慶長19年(1614年)に、その梵鐘の銘が入れられたとき、「国家安康」という句は家康の名を切ったものであるとして、家康は言いがかりをつけました。いわゆる「方広寺鐘銘問題」をきっかけに、片桐兄弟は秀頼らから家康と内通していると猜疑され、貞隆は且元とともに大坂城から退去して摂津茨木城へ移りました。大坂城からの退去の際、片桐家の兵300人は完全武装の上、鉄砲の火縄に点火するという物々しいものであったと言われています。豊臣氏は片桐兄弟という柱石を失い、同年から始まった「大坂の陣」で、家康により滅ぼされました。
「大坂の陣」の後、貞隆は家康の家臣となり、6000石の加増を受け、小泉藩は1万6000石となります。
貞隆の子である第2代藩主「片桐貞昌」は茶人として高名であり、「片桐石州」の名で知られています。寛文5年(1665年)には、将軍「徳川家綱」の茶道指南となり、茶道石州流の地位を築き上げました。そのほかにも、建築関係で功績が高い人物でもあります。貞昌は、弟「片桐貞晴」に3000石を分与したため、小泉藩は1万3000石となります。
貞昌の三男で第3代藩主「片桐貞房」のときに庶兄「片桐信隆」に1000石を分与したため、1万2000石となります。その後、さらに1000石を収公されて、総石高は1万1000石となりました。
第5代藩主「片桐貞音」は、不手際から幕府に処罰されました。第8代藩主「片桐貞信」は、「遜斎」と号した茶人で、石州流中興の祖といわれています。
幕末期には、藩主の早世が相次いだため、第11代藩主「片桐貞利」からは、他家の養子が迎えられることに至りました。しかし、その養子も早世が相次いでいます。最後の藩主となった「片桐貞篤」の時代に幕末を迎えました。貞篤は、水戸松平氏の出身で、「天誅組の変」鎮圧などに貢献するなど、はじめは佐幕派でしたが、慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では、新政府に協力して京都守備を務めています。

小泉城の復興櫓

小泉神社の表門

小泉城(こいずみじょう)は、奈良県大和郡山市小泉町(大和国添下郡)にあった平城です。別名、「片桐城」「小泉陣屋」とも呼ばれ、大和小泉駅の西北約600mの台地上の先端部に建っていました。台地の東側は湿田で、更にその東側には富雄川が流れている天然の要害の地にありました。主郭部分は小泉城の西側にあり、150mの長辺で内堀に囲まれており、この内堀は延宝元年(1673年)に銀4貫目で完成したと『旧記』には記されています。この頃になると小泉城はほぼ完成され、外堀、薙刀池、お庭池に取り巻かれ、その中に家中の屋敷があり、内堀の内側には藩主の居館がありました。
小泉城は、小泉陣屋とも呼ばれていますが、「ふるさと大和郡山歴史事典」では、「城郭としての構えを十分に備えた大規模なもの」として、城下町は富雄川沿いの南北の並びに整然と出来上がっており、調練場も城外につくられました。これらは「小泉城復元地図」に記されており、今日の地割にそのまま残っています。
大手道は、金輪院前にある鈎の手から西へ登る道が当時の大手道でした。門は3ヵ所設けられており、北、西北、南にあり、そのうちの1つは小泉神社の表門として残っています。この門は、「冠木門」「高麗門」と呼ばれるもので、この門が移築前と同じであれば、その扉は透門形式になっており、外から見られやすい弱点があります。「ふるさと大和郡山歴史事典」では、「内部を桝型形式もしくは通路を屈折させて遮断していたものと思われる。」と記載しており、透門をカバーしていたのではないかと解説しています。

柳本藩
柳本藩(やなぎもとはん)は、大和国式上郡・山辺郡・宇陀郡を領有した藩です。藩庁は、柳本陣屋(奈良県天理市柳本町黒塚古墳)に置かれました。なお、藩庁は陣屋ですが、家格は城主格大名でした。
「織田信長」の弟で、茶人として有名な「織田有楽斎(織田長益)」は、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で、東軍に与して戦功を挙げたことから、大和国と河内国の内に3万石の所領を与えられました。その後は、「徳川家康」に仕えず、「豊臣秀頼」の大叔父ということで、秀頼の家臣となっていました。「大坂冬の陣」では、豊臣方として戦いましたが、その裏では徳川方に内通し、冬の陣における和睦交渉で裏工作を行なっています。そして夏の陣直前に豊臣方から離れたため、戦後に罪には問われませんでした。しかし、有楽斎は藩領3万石のうち、1万石を自分の隠居料とし、残り2万石うち、1万石を四男の「織田長政」に、同じく1万石を五男の「織田尚長」にそれぞれ分与しました。このため、長政の系統は大和国芝村藩として、尚長の系統は柳本藩として存続することになります。
尚長の後、柳本藩は「織田長種」、「織田秀一」と続きましたが、第4代藩主「織田秀親」は、宝永6年(1709年)2月、前将軍「徳川綱吉」の法会が、寛永寺で行なわれた折に、発狂した「前田利昌」によって殺されてしまいます。このため、柳本藩は改易の危機を迎えましたが、家老たちが機転を利かせ、秀親は病死ということにして、弟の「織田成純」を養嗣子として後を継がせ、改易の危機を脱しています。
江戸時代中期頃になると、小藩の悲しさから藩財政の窮乏化が表面化します。このため領民に重税を敷きましたが、第10代藩主「織田秀綿」の代、明和6年(1769年)1月には、百姓が重税に反対して強訴を起こしました。享和2年(1802年)12月にも百姓による年貢軽減を求める一揆が発生し、織田軍と百姓との間で乱闘による死傷者が多数出ています。さらに、江戸時代後期に入ると、ただでさえ藩財政が厳しい中で、文政13年(1830年)には、火事により柳本屋敷が全焼します。このため第11代藩主「織田信陽」は、天保4年(1833年)10月に藩士27人のリストラを行なっています。そして嘉永5年(1852年)12月27日には、信長以来の名族ということもあって、城主格に任じられました。幕末期では天誅組の反乱鎮圧や天皇陵の修築工事を行なうなど、早くから官軍に近づいていました。なお、織田氏の諸藩では、「織田信雄」の系統で「天童藩」「柏原藩」が、有楽斎の系統では、「柳本藩」の他に「芝村藩(戒重藩)」が、明治維新まで存続しています。有楽斎の系統は、他に「野村藩」が存在しましたが、江戸時代初期に除封、無嗣断絶しています。

柳本陣屋跡

橿原神宮 文華殿

柳本陣屋(やなぎもとじんや)は、大和国式上郡(奈良県天理市柳本町)にあった陣屋です。
陣屋跡は、柳本小学校の敷地となり、堀の一部に利用した黒塚古墳の堀と石垣が残存するのみです。昭和42年(1967年)、表向御殿が橿原神宮文華殿として移築され、重要文化財に指定されています。また、陣屋西門が移築現存しています。

芝村藩
芝村藩(しばむらはん)は、大和国式上郡芝村(奈良県桜井市芝)に存在した藩です。もとは戒重村(奈良県桜井市戒重)に芝村陣屋を構えていたため、戒重藩(かいじゅうはん)とも呼ばれますが、第7代藩主「織田輔宜」の代に移転しました。
柳本藩で触れておりますとおり、「織田有楽斎(長益)」は、豊臣氏の家臣となっていました。ただし、これには徳川氏の間諜として豊臣氏に潜り込んでいたという説もあります。
しかし、「大坂冬の陣」では豊臣氏に与していたため、豊臣氏滅亡後に徳川氏に釈明する意思を表すために、有楽斎は3万石の所領のうち、1万石を自分の隠居料に、残りの1万石ずつをそれぞれ四男の長政と五男の尚長に分与して相続させました。この四男・長政の系統が芝村藩、五男・尚長の系統が柳本藩としてそれぞれ存続することになります。
藩政の基礎は初代藩主「織田長政」の頃に固められました。第4代藩主「織田長清」の頃には、長清自身が優れた文化人であったことも影響して藩校「遷喬館」が設立され、藩士に文武が奨励されました。さらに、長清によって織田氏や信長の記録である「織田真記」15巻が編纂されるなど、芝村藩は全盛期を迎えました。長清は、陣屋を戒重から岩田に移そうと願い出て宝永元年(1704年)4月11日に認められましたが、長清の治世末期頃から財政悪化が表面化し、実現しませんでした。正徳3年(1713年)9月27日に岩田村を芝村に改めたのち、実際に陣屋が芝村(桜井市織田・現在の市立織田小学校)に移転したのは、第7代藩主「織田輔宜」の代で、延享2年(1745年)閏12月12日のことです。因みに長清以来の歴代藩主が陣屋の移転にこだわったのは、戒重が年貢収納に不便な土地だったのに対し、芝村(岩田村)が藩領の中心地で、何かと便利だったためです。幕命により天領の預かりを任されるようになったのもこの頃からです。
延享3年(1746年)には預かり地が9万石近くに達し、第8代藩主「織田長教」の代になると9万3430石を任されるようになりました。つまり、芝村藩領は10万石以上になりましたが、その大半は預かり地でした。さらに、預かり地の統治を任されていた「杉浦弥左衛門」や「吉田千左衛門」らの預かり地における統治もある程度成功を収めたため、幕府から厚く賞賛されるに至りました。しかし、宝暦3年(1753年)末、杉浦や吉田らが行なった年貢増徴政策に対して、預かり地における百姓一揆が頻発し、遂には百姓たちが芝村藩を批判して預かり地の所替えを要求するに至りました。これを「芝村騒動」といいます。幕府はこの騒動を鎮圧しましたが、寛政6年(1794年)に預かり地における芝村藩の役人による不正が発覚し、幕命により藩主・長教をはじめとする要人が処罰され、預かり地も全て召し上げられるに至りました。
藩内においても長教の時代から藩財政の窮乏化が深刻化し、明和5年(1768年)末には、年貢減免を求める強訴が発生します。これに対して藩では、藩札の発行や家臣の知行借り上げ、御用金の調達などによる藩政改革が試みられましたが、あまり効果は無く、安政6年(1859年)には、藩の借金は銀2693貫という莫大なものになったと言われています。
幕末期、最後の藩主である「織田長易」は、天誅組追捕の功績を挙げています。しかし、明治維新頃から幕府より離れて新政府側に与し、維新後は高取藩と共に大和国内における御料の取締りを命じられました。明治2年(1869年)の版籍奉還で長易は藩知事となり、同4年(1871年)の廃藩置県で芝村藩は廃藩となりました。藩領のうち、摂津国島下郡における領地は大阪府、大和山辺郡と式上郡は奈良県にそれぞれ編入されました。
代々の墓所は桜井市内にある慶田寺であり、有楽斎の分骨の墓標もあります。

芝村陣屋(桜井市立織田小学校)

慶田寺山門

芝村陣屋(しばむらじんや)は、奈良県桜井市大字芝村(桜井市芝、大和国式上郡)にあった陣屋です。当初は、戒重(かいじゅう)に陣屋を構えていました。
陣屋跡は、桜井市立織田小学校の敷地となり、周囲に石垣が残存しています。また、陣屋南門が、慶田寺山門として移築されています。

田原本藩
田原本藩(たわらもとはん)は、大和国十市郡田原本(奈良県磯城郡田原本町田原本)の田原本陣屋に藩庁を置いた藩です。ただし、正式に藩(大名の所領)であったのは、明治維新期のごく短期間であり、江戸時代を通じては交代寄合(参勤交代を行う格式の旗本)平野家の知行地でした。平野氏は鎌倉幕府の執権北条氏の庶流の子孫といわれています。
田原本藩の藩主家は平野氏ですが、藩としての成立は慶応4年(1868年)7月14日、新政府の計らいによって1万石の大名となってからです。以前から私が唱えている華族に列するための「駆け込み立藩(維新立藩)」によるものでした。平野氏の祖である「平野長泰」は「豊臣秀吉」に仕え、天正11年(1583年)の「賤ヶ岳の戦い」で戦功を挙げ、「賤ヶ岳の七本槍」の一人となり、大和国内に5000石の知行を与えられました。その後、長泰の表立った活躍はあまり見られませんが、領内においては支配体制を固め、善政を敷き、特に領内における寺内町は「大和の大坂」と呼ばれ、大いなる賑わいを見せたといいます。
長泰の死後、跡を継いだ「平野長勝」は、陣屋の構築などに尽力しています。しかし、小領主のため次第に財政が悪化して、江戸時代中期以降は領民に御用金を課すことも少なくありませんでした。平野氏は9代に渡った領主でしたが、藩主としての正式な期間は、最後の領主「平野長裕」のわずか3年間でした。

田原本陣屋跡

本誓寺平野家霊廟

田原本陣屋跡は、寛永5年(1628年)に第2代領主「平野長勝」が入封後、それまで寺内町を支配した教行寺を退去させて、新たに本願寺派の円城寺(現浄照寺)を建立し、町の東、寺川沿いに陣屋を構築して城下町を形成しました。早くから大和川、寺川を利用した水運がひらけ、船による大阪との交流物資の集散地として問屋が発達し、「大和の大阪」とも云われました。この寺川が外堀の役目を果たしていたと考えられます。古い町並みの中に、縦横にはしる街路が城下町の雰囲気を感じさせ、堀の残骸として水路が所々に残っています。陣屋の遺構は見るべき物は無く、平野家菩提寺本誓寺に平野家霊廟があり、浄照寺の門は伏見桃山城の移築門として残っています。この移築門は高麗門のせいか、豪快な感じがありません。街並みの建屋が、栄えた往時を偲ばせてくれます。

高取藩
高取藩(たかとりはん)は、大和国(奈良県高市郡高取町)に存在した藩です。藩庁は、高取城に置かれました。
大和国は戦国時代から安土桃山時代にかけて、「織田信長」に仕えた「筒井順慶」に支配されていましたが、順慶の死後、天下の覇権を握った「豊臣秀吉」は、順慶の後を継いだ「筒井定次」を伊賀上野に移封し、弟の「豊臣秀長」に大和を与えました。秀長は家臣の「本多利久」に高取1万5,000石を与え、利久は高取城の整備・拡張に努めました。利久の後を継いだ「本多俊政」は、秀長の死後は秀吉に仕えましたが、「関ヶ原の戦い」では東軍に与して、大和に攻め寄せてきた西軍相手に奮戦したことから、戦功により2万5,000石に加増されました。3万石という説もあります。因みに、この尾張本多氏は「本多忠勝」や「本多正信」らを輩出した本多氏とは何の血縁関係もありません。
俊政の後を継いだ「本多政武」は、囲碁の名人であり、慶長15年(1610年)には囲碁本因坊戦で勝利しています。また、「大坂の陣」においても徳川方として武功を挙げ、大坂城修築工事や高野山大塔造営奉行などで活躍しましたが、寛永14年(1637年)に嗣子なくして死去し、本多氏は断絶しました。この後、しばらくは「桑山一玄(大和新庄藩)」と「小出吉親(丹波園部藩)」による城番時代が続きました。
寛永17年(1640年)10月19日、大番頭であった9,000石の大身旗本である「植村家政」が、2万5,000石に加増されて大名となり、再び高取藩が立藩されました。第2代藩主「植村家貞」は、万治元年(1658年)7月7日、弟の「植村政春」に3,000石を分与したため、石高は2万2,000石となります。さらに第3代藩主「植村家言」も貞享4年(1687年)8月25日に弟の「植村政明」に1,000石、「植村正澄」に500石を分与したため、2万500石となりました。
藩政においては第5代藩主「植村家包」の時代、元文3年(1738年)から大和国における幕府領の預かりを任されています。これは、外様大名であった大和宇陀松山藩の「織田信武騒動」などが原因でした。
第8代藩主「植村家利」が遊女と入水心中事件を起こし、露見すれば改易となるところ、江戸屋敷の留守居役が情報を抑えて病死として届けたため、藩は改易を免れて無事存続しました。
第9代藩主「植村家長」の時代、預かり地が6万6,000石近くにまでなり、所領と合わせて約10万石となりました。家長は奏者番や寺社奉行、若年寄、執政格などを歴任するなど幕政に参与しました。この功績から4,500石を加増され、高取藩は再び2万5,000石となります。第10代藩主「植村家教」は、幕末の儒者「谷三山(たに さんざん)」を招聘して尊王攘夷に傾倒し、幕末の高取藩に影響を与えました。
家教の後、「植村家貴」の代で植村氏の男系は絶え、幕末の3人の藩主はいずれも他家から養子として迎えられました。その一人である第13代藩主「植村家保」は、大坂近海の防衛や「天誅組の変」鎮圧などで功績を挙げ、京都守備などでも活躍しました。しかし、「谷三山」の影響から尊王派であった植村氏は、戊辰戦争においては官軍側に与して京都御所の警備につきます。その後、大和芝村藩主「織田長易」と共に大和における旧幕領の取締りを行ないました。最後の藩主「植村家壺」は、明治2年(1869年)6月の版籍奉還により藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で藩知事を辞任したことにより、高取藩は廃藩となります。なお、植村氏は酒井氏や本多氏らと共に戦国時代から松平氏に仕えた古参で、家康の下で抜群の戦功を挙げたことから、歴代藩主に家康の「家」を名乗ることを許されていた名門譜代でした。また、高取城は、江戸時代を通じても珍しい山城であったため、交通に不便で寛永末期から藩主・家臣団の移転が始まり、城には城番が置かれるだけでした。

高取城跡

高取城(たかとりじょう)は、奈良県高市郡高取町高取にあった山城です。別名、高取山城とも言います。
高取町から4キロメートル程南東にあり、標高583メートル、比高350メートルの高取山山上に築かれました。山上に白漆喰塗りの天守や櫓が29棟建て並べられ、城下町より望む姿は「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」と謡われました。なお、土佐とは高取の旧名の事です。
曲輪の連なった連郭式の山城で、城内の面積は約10,000平方メートル、周囲は約3キロメートル、城郭全域の総面積約60,000平方メートル、周囲約30キロメートルに及ぶ。日本国内では最大規模の山城で、備中松山城(岡山県)・岩村城(岐阜県)とともに日本三大山城の一つに数えられています。元和元年(1615年)の一国一城令の際も重要な山城として破却を免れ、現在に至るまで石垣や石塁が残されており、国の史跡に指定されています。

高取城旧二の門

高取城松ノ門の柱と桁

明治2年(1869年)6月、版籍奉還により兵部省の管轄となり明治6年(1873年)廃城となって、入札により建造物の大半が近隣の寺院などに売却されました。明治20年(1887年)頃まで、天守をはじめとした主要建造物は、城内に残っていましたが、人里離れた山頂であるため管理されずに自然倒壊したとされています。
二の門は町内にある子嶋寺の山門に、新御殿(藩主下屋敷)の表門は町内の石川医院の表門に、松ノ門は明治25年(1892年)に土佐小学校(町立高取小学校)の校門として移築されました。昭和19年(1944年)、小学校で起きた火災により小学校は全焼、松ノ門は一部損傷し、臼井家(伊勢屋・現在の金剛力酒造)が解体保存していましたが、平成16年(2004年)、児童公園の表門として復元しました。

櫛羅藩
櫛羅藩(くじらはん)は、幕末に大和国(奈良県御所市櫛羅)に存在した藩です。藩庁は、櫛羅陣屋に置かれました。大和新庄藩の後身であり、同じ領地を永井氏が治めました。
文久3年(1863年)、大和新庄藩の第8代藩主「永井直壮」は、幕府による「文久の改革」の一端である参勤交代制度改革の余波を受けて、陣屋を櫛羅に新設したことから、櫛羅藩を立藩しました。櫛羅は、藩領の中でも特に栄えていたところで、要害の地でもあったことが理由だったとされています。直壮は、領民の移住や集住を奨励し、藩名も正式に櫛羅藩と改めましたが、慶応元年(1865年)8月19日に死去し、跡を「永井直哉」が継ぎます。直哉は翌年3月、歴代藩主として初めて藩領に入りましたが、まもなく明治維新を迎えます。そして明治2年(1869年)6月24日の版籍奉還で直哉は櫛羅藩知事となりますが、明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で廃藩となっています。

櫛羅陣屋御殿玄関(九品寺)

櫛羅陣屋は、葛城山から東へ派生した山の一つ、岸野山に築かれていたといわれています。 遺構は、民有地となっており、確認できません。建物の一部は、御所市楢原にある九品寺に玄関、櫛羅の民家に南門が移築現存しています。この他、東門と御殿の一部が民家に移築されていましたが、火災で焼失したようです。

 

如何でしたでしょうか。奈良県は、戦国時代には豊臣家臣でありながら徳川方とも内通していたり、言葉は悪いですが風見鶏武将が多かったようですね。また、江戸時代においても「柳生一族の陰謀」ではありませんが、陰謀や野望が渦巻いていたようです。幕末においても佐幕派でありながら、情勢を見極め新政府方についたりしています。堺県に編入されたのも、このようなことが影響したのかもしれませんね。一番興味を引いたのは、明治時代後半から昭和にかけて、鉄道網が敷かれて観光産業が発展したところでしょうか。また、鉄道網のおかげで、大阪・京都とのアクセスが良く、ベッドタウンとしても発展していったようです。やはり奈良の歴史を紐解くには、奈良時代(平城京)にまで遡る必要がありますね。

 

バックナンバー

近 畿

歴史を紐解く(廃藩置県)- 三重県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 和歌山県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 大阪府編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 兵庫県編

中 国

歴史を紐解く(廃藩置県)- 岡山県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 鳥取県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 広島県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 島根県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 山口県編

四 国

歴史を紐解く(廃藩置県)- 高知県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 徳島県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 香川県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 愛媛県編

九 州

歴史を紐解く(廃藩置県)- 長崎県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 佐賀県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 沖縄県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 鹿児島県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 宮崎県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 大分県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 熊本県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 福岡県編



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です