歴史を紐解く(廃藩置県)- 兵庫県編



今回からいよいよ近畿攻めです。強豪ひしめく近畿は、調べることが大変多くあります。近畿・中部・関東は、調査期間を2週間取ろうと思います。まずは、兵庫県から歴史を紐解いてみました。兵庫県と言えば、港町神戸や福岡藩ともつながりのある姫路藩、赤穂浪士で有名な赤穂藩などがあります。
下表は、1869年の版籍奉還から現在の兵庫県になるまでの変遷です。

すごいですね。けた外れに藩が数多く存在しています。豊臣秀吉公の大阪と接しており、当然と言えば当然なのかもしれません。まずは、港町神戸(兵庫県・兵庫津)から歴史を辿ってみましょう。

兵庫津(兵庫県)
兵庫津(ひょうごのつ)は、かつての都であった奈良や京都と日本国内の東西航路や大陸との交易の拠点として古くから栄えてきました。その歴史は、大輪田泊(おおわだのとまり)と呼ばれた兵庫港に始まります。
元和元年(1615年)、大坂城落城後は尼崎藩に組み込まれ、兵庫城跡には陣屋(兵庫津奉行所)が置かれ、尼崎兵庫津一帯を統治しました。
明和6年(1769年)、上知令により兵庫津一帯は天領となり、兵庫城跡の陣屋が勤番所に改築されました。
兵庫津には、岡方・北浜・南浜の町方があり、その惣会所に名主が出勤して、総代や年寄などを指揮して行政を行っていましたが、勤番所の設置により各町方から名主・年寄を各1名ずつ計6名選出し、行政に当たりました。
慶応4年旧暦閏4月21日(1868年6月11日)、政体書(法令第331号)公布当時、府となる要件を満たさない徳川幕府の直轄地であったため、廃藩置県以前に兵庫県となりました。県の政庁は、兵庫城跡の陣屋に置かれました。府県の要件につきましては、長崎県編の長崎府の項を参照してください。
天正6年(1578年)11月、「有岡城の戦い」で、「荒木村重」が突然「織田信長」に謀反をおこしました。しかし、有岡城は落城し、「荒木村重」は花隈城へ落ち延び、そこでも「花隈城の戦い」となりましたが、「織田信長」軍の武将で「池田恒興(信輝)・輝政」父子の活躍により花隈城も落城しました。その功により、信長より兵庫の地を与えられました。
摂津国の大守になった「池田恒興」は、花隈城には入城せず、天正9年(1581年)に兵庫城を築きました。しかし、「池田恒興」は、天正11年(1583年)に美濃国大垣城に移封され、兵庫城下は「豊臣秀吉」の直轄地となり「片桐且元」が、代官として入城しました。呼称も兵庫城から片桐陣屋と称されていました。
江戸時代まで、朝鮮使節は合計12回実施されますが、その内11回は兵庫津に寄港しています。尼崎藩は、朝鮮使節の接待役を命じられ、約2年前から準備を始め、港の整備や宿泊先の手配をしていました。
大坂城落城後は、尼崎藩に組み込まれていましたが、明和6年(1769年)の上知令により兵庫津一帯は天領となり、兵庫城跡の陣屋が勤番所に改築されました。
元治元年(1864年)5月、江戸幕府軍艦奉行の「勝海舟」の建言により海軍士官養成機関「神戸海軍操練所(こうべかいぐんそうれんじょ)」が、江戸幕府により設置されました。
明治時代には、勤番所が初代の兵庫県庁となり、「伊藤博文」が初代知事として赴任しました。その後「伊藤博文」は、初代内閣総理大臣となっています。
神戸港は奈良時代から大輪田泊として整備され、明治元年(1868年)には、「神戸港」の名称が公文書に現れています。やがて外国人の手によって居留地ができ始め、西洋文化の入り口として発展し、「神戸」の名が著名になっていきました。明治5年(1872年)、和田岬に和田岬灯台が設置され、明治25年(1892年)に勅令により、旧生田川(現フラワーロード)河口から和田岬までの全体が「神戸港」となります。
明治7年(1874年)に兵庫港が大幅に改修され、兵庫新川運河が作られたため、兵庫城跡は破壊されてしまいました。兵庫城跡は新川運河の下敷きとなりましたが、町屋は数次にわたる発掘調査が行われており、奈良時代から江戸時代にかけた遺構・遺物が数多く発見されています。

兵庫城跡

兵庫陣屋絵図

兵庫城本の丸は、周囲を堀で囲み三重の門で固められていたそうです。現在は、新川運河の建設などにより兵庫城は全く姿を消してしまいました。中央市場付近が、ちょうど城のあった場所と言われ、近くの新川運河のほとり、キャナル・プロムナードのそばに石碑と兵庫城の説明板が建てられています。

尼崎藩
尼崎藩(あまがさきはん)は、摂津国川辺郡・武庫郡・菟原郡・八部郡(兵庫県尼崎市・宝塚市・西宮市・芦屋市・神戸市南部・伊丹市の一部・川西市・猪名川町)を領有した藩です。藩庁は、尼崎城に置かれました。
「豊臣秀吉」に家臣として仕えていた建部氏は、江戸時代に入っても引き続き尼崎郡代として700石を所領していました。時の当主「建部政長」は、元和元年(1615年)の「大坂の陣」において、親族である「池田利隆・忠継」兄弟の幕下で軍功をたてました。これにより伯父の「池田重利」とともに川辺郡・西成郡に1万石を所領する大名に取り立てられ、尼崎藩が立藩しました。元和3年(1617年)、宗主である姫路藩主「池田氏」の転封により、「建部政長」は播磨国林田藩に、「池田重利」は播磨国鵤藩へ転封となりました。
同年、徳川家譜代の「戸田氏鉄」が5万石を与えられて、近江国膳所藩から尼崎藩に転封となり、川辺郡・武庫郡・菟原郡・八部郡の大部分を領有しました。氏鉄は、寛永12年(1635年)に美濃国大垣藩へ転封となり、代わって、青山氏が遠江国掛川藩から入封し、戸田氏の体制を引き継ぎました。新しく開墾した4千石を加えて5万4千石となりましたが、藩主「青山幸成」は、分家に6千石を分け与えることを幕府に願い出て、許可されたため4万8千石となりました。青山氏時代の尼崎藩は、比較的裕福だったといわれています。
第4代藩主「青山幸秀」は、正徳元年(1711年)に信濃国飯山藩へ転封となり、代わって、遠江国掛川藩から「松平忠喬」が入封します。青山氏の体制を引き継ぎましたが、武庫郡・菟原郡・八部郡内の計26か村が幕府に召し上げられ、4万石に減少しました。さらに今津・西宮・御影・兵庫などの裕福な36か村が幕府に召し上げられ、引き換えに播磨国内各地の71か村が与えられました。石高は5千石の増加となったものの、実収入は激減した上、藩領が分断されたことから領国経営が機能しなくなり、藩政は傾いていきました。
慶応4年(1868年)1月、第7代藩主「松平忠興」は、朝廷に恭順を示して領地を安堵され、同年2月、新政府の指示により徳川氏との訣別の証として、姓を桜井に改姓しました。

尼崎城跡

尼崎城(あまがさきじょう)は、兵庫県尼崎市にあった江戸時代初期に築城された平城です。現在、城跡の一部に「尼崎城跡公園」が整備され、石垣および土塀が模擬復元されています。公園内には尼崎市立中央図書館があり、本丸跡は尼崎市立明城小学校の敷地として利用されています。
尼崎城の地上の遺構で確認できるものは少ないですが、尼崎市教育委員会は20回以上の発掘調査を実施しており、本丸御殿跡等建物遺構や外堀として利用されていた庄下川の堤防下より石垣の一部の遺構他多数の遺物が出土しています。

三田藩
三田藩(さんだはん)は、摂津国有馬郡三田(兵庫県三田市)周辺を領有した藩です。藩庁は、当初、三田城に置かれ、のちに三田陣屋に置かれました。
慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では、西軍に仕えて敗戦した初代藩主「山崎家盛」は、慶長6年(1601年)、因幡国若桜藩に転封となります。代わって、東軍の武将であった摂津有馬氏の「有馬則頼」が、播磨国淡河から2万石で入封します。
慶長7年(1602年)、「有馬則頼」が没すると、丹波国福知山藩6万石を所領していた嫡男の「有馬豊氏」が家督を継ぎ、三田藩を福知山藩に併合しました。これにより三田藩は、一旦廃藩となり三田城(車瀬城)も破却されます。
元和6年(1620年)福知山藩主の「有馬豊氏」は、「大坂の陣」の武功により20万石の大名となり筑後国久留米藩に移封となります。代わって、寛永3年(1626年)に出羽国上山藩から「松平重直」が3万石で三田に入封し、福知山藩と分離、三田藩が復活します。
志摩国鳥羽藩の九鬼氏の家督争いにより、寛永10年(1633年)、幕府は九鬼氏の5万6千石を分割し、「九鬼久隆」を3万6千石で三田藩に、「九鬼隆季」を2万石で丹波国綾部藩に移封します。これに伴って「松平重直」は、豊後国高田藩(竜王藩)に転封となります。
九鬼氏は、熊野三山の統括にあたった役職「熊野別当」藤原北家の末裔で、紀伊国牟婁郡(三重県尾鷲市)で起こり、志摩国鳥羽藩(三重県鳥羽市)を拠点に九鬼水軍を統率し、秀吉の九州征伐や朝鮮出兵で水軍総督を務めた大名です。志摩鳥羽藩初代藩主「九鬼守隆」の死後、五男の「九鬼久隆」と三男の「九鬼隆季」との間に家督争いが起こり、水軍力を恐れた「徳川家光」は、この家督争いを理由に九鬼氏の石高5万6千石を分割、内陸の三田と綾部に移封させました。これにより九鬼氏は鳥羽の地と水軍を失い、宗家を三田に移し廃藩置県までの約240年間、三田藩を統治することになります。
九鬼氏は石高にそぐわない多くの家臣団を召し抱えていたため、財政は入封早々より行き詰まったものの、第2代藩主「九鬼隆昌」の時代に藩の機構が整えられました。
第7代藩主「九鬼隆由」は、寛保2年(1742年)に藩校「国光館」を開きました。第8代藩主「九鬼隆邑」は、安永9年(1780年)に増税を実施し、農民一揆が起こり、城下の商家数件が打ち壊しに遭いました。
第10代藩主「九鬼隆国」は、文化年間(1804年 – 1817年)に江戸城神田橋御門・常盤橋御門番を務めた功績により、天保10年(1839年)に城主格大名に引き上げられました。好学の名君であり、文政元年(1818年)に藩校「国光館」を新たに「造士館」として発展させました。また、洋学にも関心を示し、幕末に向け三田藩の近代化を推進する素地を開いた中興の祖です。
第13代藩主「九鬼隆義」は、藩政改革を行い、軍隊を洋式に改めました。慶応3年(1867年)藩論が倒幕に統一され、「鳥羽・伏見の戦い」においても洋式軍隊を率い、官軍方として参戦しました。また、明治維新が起こると、近代港として神戸港が整備されると知るや、幕末から明治維新の混乱による財政の立て直しと廃藩置県で困窮する三田藩士を救うべく、藩士の「白洲退蔵(白洲次郎の祖父)」、「小寺泰次郎」らとともに「志摩三商会」という神戸初の輸入商社を設立します。これが成功を収め不動産や金融業に乗り出し、現在の元町、三宮といった神戸港周辺の都市開発や神戸女学院の前身である女子寄宿学校(通称「神戸ホーム」)の創立に関わるなど、神戸の街づくりに多大な影響を及ぼしています。

三田城の石碑

三田城(さんだじょう)は、兵庫県三田市屋敷町・天神の周辺にあった平山城です。築城に関しては車瀬城から三田城になり、三田陣屋となったと言われていますが、詳細は分かっていません。
武庫川の右岸「三田丘陵」に、舌状に張り出した地形を利用して建てられ、北・東・南側が約20mの崖で天然の要害となっていました。主郭部分は、100m×150mの長方形で、東に一ヵ所、西に二ヵ所をそれぞれ空堀で区画して配置しています。主郭の両側の空堀は屈曲しており、横矢がかかるような防御施設ではないと思われています。周辺には堀跡があり、家老屋敷・武家屋敷・歴代藩主の墓碑も残り、城下町の姿を現在につたえています。
兵庫県立有馬高等学校体育館の改装工事に伴う発掘調査で、三面にわたる火災面と整地層が確認され、三段階の改修が行われたと考えられています。

篠山藩
篠山藩(ささやまはん)は、丹波国(兵庫県篠山市北新町城内)に存在した藩です。藩庁は、篠山城に置かれました。
山陰道の要衝である篠山盆地に城を築くことによって、大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえとする理由から、慶長14年(1609年)、近畿や中四国における15カ国20大名の賦役により篠山城が築城されました。同年末に同地を領していた松井松平家の「松平康重」が、丹波国八上から政庁を移し、初代藩主として八上藩から篠山藩へと移行しました。康重は、藩政の基礎を固めましたが、元和5年(1619年)7月19日に和泉国岸和田藩5万石へ移封されました。代わって、上野国高崎藩5万石より藤井松平家の「松平信吉(徳川家康の異父妹の子)」が、藤井松平家初代藩主として5万石で入りました。しかし、信吉は翌年の元和6年(1620年)8月1日に死去しました。その後を継いだ第2代藩主「松平忠国」は、越後国村上藩主「村上忠勝」などの改易された大名の預かりや丹波国福知山藩の城番などを務めました。また、藩政においても検地の実施や城下町の整備、社寺の建設、文化振興などを行いました。その後、忠国は慶安2年(1649年)7月4日に播磨国明石藩7万石へ移封されました。
代わって、摂津国高槻藩3万6千石より形原松平家の「松平康信」が、形原松平家初代藩主として5万石で入ります。康信は、4年にわたる検地を実施して郷村制度を確立し、さらに在地勢力である土豪を一掃しました。康信の後は、「松平典信」が在職3年、「松平信利」が在職4年という短命な藩主でした。
第4代藩主「松平信庸(康信の孫)」は、聡明といわれる藩主で、2代・3代と若死にしていたために混乱していた藩政を再建しました。また、「松崎蘭谷」や「万尾時春」らを招聘して文化の興隆に努め、篠山藩の全盛期を確立しました。幕政においても京都所司代、老中などを歴任しました。しかし、その後を継いだ第5代藩主「松平信岑」は暗愚といわれ、折りしも「享保の大飢饉」と重なって米価が昂騰し、強訴が発生したにも関わらず、苛酷な重税を強いたため、藩内では百姓一揆が相次ぎました。遂には延享4年(1747年)に百姓から中傷されたことが発端となり、翌年の寛延元年(1748年)8月3日、丹波亀山藩5万石へ移封となりました。入れ替わりで丹波亀山藩より「青山忠朝」が、青山家初代藩主として5万石で入りました。その後、藩主家は青山氏として明治時代まで続きました。
第2代藩主「青山忠高」は、儒学者を登用して藩校「振徳堂」を建設し、藩士の教育と文化の発展に努めました。第4代藩主「青山忠裕」は、藩校を増築しました。なお、忠裕は奏者番、寺社奉行、京都所司代、大坂城代、老中を歴任した功績から、文政10年(1827年)5月7日に遠江に1万石を加増されました。第5代藩主「青山忠良」は、幕末期の中で寺社奉行や老中を務めましたが、「阿部正弘」追放の企てに失敗し失脚しました。
この当時の藩政では、藩内の産業は稲作以外に見るべきものがなく、そのために藩財政も領民も困窮し、領民は出稼ぎに出る者も少なくありませんでした。青山氏はこれによる人口流出を恐れて出稼ぎを制限し、さらに財政再建のために徴税の強化や新税の制定を頻繁に行ったことなどから、明和8年(1771年)、万延元年(1860年)、明治2年(1869年)には大規模な一揆が起こっています。この他にも小規模な一揆、打ちこわしを合わせると、青山氏時代の一揆は20件を越えると言われています。なお、一揆に対しては、藩が一揆側の要求を呑むことも少なくなかったと言われています。
慶応4年(1868年)、第6代藩主「青山忠敏」の時代に「戊辰戦争」が勃発すると、歴代藩主は幕閣でしたが、藩内は佐幕派、新政府派に分かれて対立しました。しかし、「西園寺公望」率いる新政府軍が篠山に侵攻すると、新政府に恭順しました。忠敏は明治2年(1869年)の版籍奉還により知藩事となりました。なお、この年に遠江国にあった藩領は、「徳川家達」の領土として組み込まれたため、新たに丹波・但馬国内で1万石を与えられています。篠山藩の藩財政が苦しかったことを示すものとして、明治3年(1870年)12月末までにおける藩の借財は、28万1329両であったと言われています。

篠山城跡(復元)

二の丸大書院(復元)

篠山城(ささやまじょう)は、兵庫県篠山市北新町にある平山城跡です。篠山盆地の中央部、笹山とよばれる小丘陵に築かれ、国の史跡に指定されています。
城は内堀と外堀を有し、内堀内に本丸と二の丸を設けています。外堀の外周は1辺約400mのほぼ正方形で、東・北・南に馬出を設けていました。二の丸を囲む土塀は所々、屏風折りに外側に突き出しており、狭間の死角を少なくする工夫がされていました。築城当初より天守台はありますが、天守は建設されませんでした。二の丸大書院(おおしょいん)が復元され、一般公開されています。

御徒士町武家屋敷群

城郭の南東の山陰道沿いは町屋が配されて、近世から近代にかけての建造物が現在も軒を連ねており、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。
この保存地区の範囲は、東西約1500メートル、南北約600メートル、面積は約40.2ヘクタールに及び、城跡とその西側・南側の旧武家地、城の東方の旧山陰道沿いの町人地を含んでいます。

柏原藩(丹波柏原藩)
丹波柏原藩(たんばかいばらはん)は、丹波国氷上郡柏原(兵庫県丹波市柏原)に存在した藩です。藩庁は、柏原陣屋に置かれました。
「織田信長」の弟「織田信包」は、慶長3年(1598年)6月、伊勢国安濃津から柏原3万6000石に移封され、柏原藩が立藩しました。信包は、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で西軍に与しましたが、戦後は改易されず大坂城で「豊臣秀頼」に仕え、慶長19年(1614年)の「大坂冬の陣」直前に死去しました。その後、信包の孫で第3代藩主「織田信勝」の時代に治水工事や新田開発などが行なわれ、藩政の基礎が固められました。しかし、信勝は慶安3年(1650年)5月17日に嗣子無く死去してし、柏原藩は廃藩、所領は幕府領となりました。
元禄7年(1694年)に大和宇陀松山藩5万石の第4代藩主「織田信武」が発狂し、家臣の「田中五郎兵衛」らを殺して自らも自害するという「宇陀崩れ」を起こします。その処罰として子の「織田信休」が2万石に減封の上、元禄8年(1695年)4月14日に柏原に移封、柏原藩が再立藩されました。信休は、藩財政窮乏の中で藩政の基盤固めに努めましたが、大洪水や旱魃などが相次ぎ、元禄9年(1696年)には、年貢軽減を求める愁訴が起こりました。その後も柏原藩では、藩財政の窮乏化が進み、藩内では要人をはじめとする61人の解雇、藩士の俸禄削減、藩札の発行などの諸改革を断行しましたが効果はなく、文政7年(1824年)には物価高騰に反対する百姓一揆が起こりました。
第5代藩主「織田信守」は、贅沢三昧で藩政に関心を示さなかった上、その快楽のために百姓に重税を強いたため、領民は信守を恨みました。しかも信守が愛妾の「保野」を寵愛して政務にまで関与させた結果、藩主の地位をめぐっての御家騒動(秘命騒動)や側室「保野」による「保野騒動」が起こり、藩政は大いに乱れることとなりました。第6代藩主「織田信古」の代には、先代の信守のツケに加えて藩札の発行により藩経済が大混乱し、天保4年(1833年)には、遂に百姓の怒りが爆発して、打ち壊し騒動が発生しました。このような中で第8代藩主となった「織田信敬」は、「小島省斎」と協力して倹約を主とする藩政改革を断行します。そして藩内で文武を奨励し、藩校「又新館」を設立しました。第9代藩主「織田信民」は、信敬の遺志を受け継いで新たに藩校「崇広館」を設立し、「小島省斎」と共に藩政改革に臨みました。
大和宇陀松山藩の初代藩主「織田信雄」は、「織田信長」の次男です。こうしてみると信長の怨念としか言いようがないですね。テレビなどでご存知のとおり、信長は戦国武将としては天才的な一面もありますが、極端に激しい性格です。子孫に発狂する者や道楽者が出たのも怨念かもしれません。
第5代藩主「織田信守」以降の藩主交替は、大変複雑です。
第6代藩主は、高長系織田家「織田信応」からの養子「織田信古」、第7代藩主は、信古の養子で信守の長男「織田信貞」となっています。
第8代藩主「織田信敬」は、肥後宇土藩主「細川行芬」からの末期養子です。
第9代藩主「織田信民」は、筑前秋月藩主「黒田長元」からの末期養子です。
第10代藩主「織田信親」は、備中国成羽藩主「山崎治正」からの末期養子です。
幕末期、信民とその跡を継いだ信親は、尊王攘夷運動を目指して行動します。このため早くから官軍側に与し、明治2年(1869年)の版籍奉還で信親は知藩事となります。

柏原藩陣屋跡

柏原藩織田家旧邸長屋門

柏原陣屋(かいばらじんや)は、丹波国氷上郡(兵庫県丹波市柏原町)にあった柏原藩の藩庁で、国の指定史跡になっています。長屋門は、正徳4年(1714年)に造られた表門で、内部は左側が番所、右側が馬見所と砲庫になっています。文政元年(1818年)に御殿が焼失した時も延焼を免れ、創建時から残る唯一のものです。御殿は正徳4年、初代藩主「織田信休」により築かれたものでしたが、文政元年の火災で焼失し、文政3年(1820年)に再建されたものです。再建されたものの明治維新後に解体され、現在では再建時のおよそ5分の1が現存しているにすぎません。

出石藩
出石藩(いずしはん)は、但馬国(兵庫県豊岡市出石町)に存在した藩です。藩庁は、出石城に置かれました。
慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で「小出吉政」は、父の「小出秀政」と共に西軍に与して丹後国田辺城を攻撃しましたが、吉政の弟「小出秀家」は、東軍に属して関ヶ原本戦にて活躍した功績により戦後、「徳川家康」から6万石の所領を安堵されました。
慶長9年(1604年)、秀政の死後「小出吉政」は、和泉国岸和田藩に移封され、代わって、出石領は吉政の嫡男「小出吉英」が領しました。その後、吉英は吉政の跡を継いで岸和田領を継ぐことになり、出石は吉英の弟「小出吉親」が継ぐことになります。このとき、小出家は、岸和田と出石に分家した形となりました。しかし、元和5年(1619年)、岸和田領を継いでいた吉英が、5万石にて出石に移されることとなり、吉英は再び出石藩主になりました。これに伴い弟の吉親は、丹波国園部へ移封され、園部藩を立藩します。
その後、但馬出石の小出家は藩主の早世が相次ぎ、第9代藩主「小出英及」が、元禄9年(1696年)に3歳で死去すると無嗣断絶となりました。代わって、元禄10年(1697年)に武蔵国岩槻藩4万8000石から「松平忠周」が、4万8000石で入りました。しかし、宝永3年(1706年)に信濃国上田藩へ移封されました。入れ替わりに信濃国上田藩より「仙石政明」が入り、仙石氏の支配で明治時代にまで至りました。

出石城跡

出石城(いずしじょう)は、兵庫県豊岡市出石町にあった平山城で、別名、高城とも呼ばれています。明治時代の廃城令により出石城も取り壊されましたが、辰鼓楼・堀・石垣などが現存し、隅櫓・登城門・登城橋などが復元され、堀の周囲一帯は登城橋河川公園として整備されて観光地となっています。

辰鼓楼

辰鼓楼(しんころう)は、兵庫県豊岡市出石の出石総合支所敷地(旧出石町役場、旧弘道小学校敷地)にある明治時代初期の時計台で、豊岡市出石伝統的建造物群保存地区を代表する建造物です。楼閣本体は、明治4年(1871年)に完成し、辰の刻(7時から9時)の城主登城を知らせる太鼓を叩く楼閣でした。旧藩医で蘭方医の「池口忠恕」が大病を患った際、多くの人々が病気快癒の願掛けをしました。忠恕は回復後、出石の人々に多大な精神的支援を受けた感謝の意思として、時計技師2名を招くとともにオランダ製の機械式大時計を取り寄せ寄贈しました。これによって、明治14年(1881年)より現在の姿の時計台となりました。以後、弘道小学校では、機械式時計の錘(おもり)を掛け替えるのが児童の大事な役割となりました。現在は、時計本体は入れ替えられています。
京都舞鶴にドライブ旅行をしたとき、出石に寄った記憶があります。都会が近く、洗練された観光地の印象でした。

豊岡藩
豊岡藩(とよおかはん)は、但馬国城崎郡周辺を領有した藩です。藩庁は、当初豊岡城(兵庫県豊岡市)に置かれ、のちに豊岡陣屋となりました。
豊岡城2万石の領主であった「杉原長房」は、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」において西軍に与しました。しかし、妻が「浅野長政」の娘だったため、長政の取り成しで旧領を安堵されました。慶長16年(1611年)には長政の遺領のうち、常陸国内の5千石を加増されました。
第2代藩主「杉原重長」は、藩政の確立に努め、正保元年(1644年)に没しました。重長には嗣子が無かったため、正保2年(1645年)、甥の「杉原重玄」が末期養子に認められましたが、1万石に減封されました。しかし、重玄も承応2年(1653年)に17歳で嗣子なく没したため改易となり一時幕府領となりました。
寛文8年(1668年)、丹後国田辺藩より「京極高盛」が、3万5千石で入封します。この際、京極氏は城主大名から無城大名に降格となり、陣屋の建設にあたり幕府より金2千両が与えられました。
京極家第4代藩主の「京極高寛」は、享保11年(1726年)、僅か10歳で没しました。このため6歳の弟「京極高永」が、1万5千石に減封の上で名相続を許されました。減封に伴い藩士を大幅に除籍し、残った藩士の禄も削減しました。享保12年(1727年)には、江戸藩邸が全焼する不幸にも見舞われました。高永は藩政を立て直すべく、勝手方に「倉持左膳」を起用し藩政改革に当たらせました。彼の政策に反対した筆頭家老「石束源五右衛門」が、脱藩するという事件が起きました。次の第6代藩主「京極高品」の代になっても改革派と守旧派の確執が続き、重臣の脱藩や永蟄居などが相次ぎました。
高永はわずか6才であり、実際には隠居中の祖父「京極高住」が藩政を見ていたと私は考えています。
第7代藩主「京極高有」は、文政6年(1823年)、藩営の産物会所を開設し、柳行李(柳で編んだ箱形の入れ物)流通の独占を図り財政の再建に努めました。しかし、文政8年(1825年)には、豊岡町民による産物会所や金銀売買商屋敷の打ち壊しに遭っています。
第8代藩主「京極高行」は、天保4年(1833年)、藩校「稽古堂」を開きました。
京極家筆頭家老の石束家からは赤穂事件で著名な「大石内蔵助」の妻「理玖(りく)」が出ており、討ち入り前夜、豊岡へ返されました。その後の「理玖」は、三男「大石大三郎」の広島藩への仕官に伴い広島に移り、そこで余生を送りました。
石束家は、「石束源五右衛門」の脱藩に伴い、第5代藩主「京極高永」の時代に、藩政改革に反対して藩を去っています。
明治維新後、藩主家11代当主である「京極高光」は、杞陽の号を持つ俳人として昭和の時代に活躍しました。現在の豊岡藩主家の当主は、高光の次男に当たる13代目の「京極高晴」で、2009年6月15日に靖国神社宮司に就任しました。

豊岡城本丸跡

豊岡城(とよおかじょう)は、兵庫県豊岡市にあった山城で、その後平山城になっています。別名、亀城とも呼ばれています。現在、豊岡城跡一帯は神武山公園として整備されています。
豊岡市内を観光したことはありませんが、城崎温泉に一泊した記憶があります。
但馬国守護大名「山名持豊(宗全)」により、此隅山城の出城として、標高48mの神武山に木崎城(城崎城)が建築されました。のちに「豊臣秀吉」配下の「宮部継潤」の支配となり、城崎を豊岡と改めて城を改築しています。これが「城崎」の由来なのかもしれません。

豊岡陣屋跡

豊岡陣屋(とよおかじんや)は、但馬国城崎郡(兵庫県豊岡市京町)にあった陣屋で、豊岡藩の藩庁です。現在、陣屋跡は豊岡市立図書館の敷地になっており、明治時代の豊岡県庁の表門が現存しています。

村岡藩
村岡藩(むらおかはん)は、明治時代初期の藩の1つです。但馬国七美郡を領有しました。藩庁は、村岡陣屋に置かれました。
室町時代には、全国の六分の一を支配した守護大名「山名氏」の末裔である「山名豊国」が、「関ヶ原の戦い」の戦功により、「徳川家康」から七美郡6700石を与えられたのが藩の始まりです。豊国は、連歌の名手で教養人、かつ名門の出身ということで家康から厚遇され、零落した但馬山名氏の旗本への取立を願うなど山名氏再興に尽力しました。また、自らを追放したかつての家臣たちが流浪しているのを聞き、改めて召抱えたといいます。ただ、変わり身が早かったせいか、豊国に関する後世の評価は芳しくありません。山名氏は名門の出自により旗本でも別格とされ、後に交代寄合表御礼衆の一つとされ、江戸時代を通して村岡は、旗本の領地となります。
寛永19年(1642年)、第3代当主「山名矩豊」が、黒野村に陣屋を移して地名を村岡と改めました。但し、武鑑(大名や江戸幕府役人の氏名・石高・俸給・家紋などを記した名鑑)では、寛延年間頃までは在所を「但州志津見」と表記されています。
第5代目当主の「山名豊就」は、江戸幕府寺社奉行となります。文化3年(1806年)、第8代当主「山名義方」が陣屋を尾白山に移し、家格にふさわしい体裁を整えました。
村岡は、山間部が多く耕地が少ない土地だったため、歴代領主は鉱山の開発や子牛市の開催などの産業振興に努めました。特に、第10代当主「山名義問」は、新田開発や教育振興に尽力した名君といわれています。
明治元年(1868年)、新政府により1万1000石への高直しが認められ、山名氏は諸侯に列して村岡藩が成立しました。
村岡藩も明治元年(1868年)から明治2年(1869年)の版籍奉還までに駆け込みで立藩しています。これは廃藩後の優位性を保とうとする動きだと私は考えています。明治以前までは、華族といえば公家の家格を表す名称でしたが、明治以降、藩主と旗本および一部の交替寄合は大名として扱われ、華族(大名華族)となり、士族・卒族・平民よりも上の身分になりました。つまり交替寄合のままでは士族の扱いになる可能性が高かったわけです。交替寄合であっても領主であることには間違いないので、制度が変わる前に藩主になっておきたい気持ちは分かりますよね。なお、貴族という呼称がありますが、日本では華族と貴族は同義と考えて良いようです。西洋では少し意味合いが違うそうです。

村岡陣屋跡

慶長6年(1601年)、「山名豊国(禅高)」が、兎束村に陣屋を仮設し、元和元年(1615年)、福岡と改称しました。その後、3代目の「山名矩豊」は、寛永19年(1642年)、陣屋を黒野村に移し村岡と改称しました。
8代目の「山名義方」は、文化3年(1806年)に陣屋を尾白山に移し、中腹に陣屋を築き、大手門・中門・長屋・鎮守社・煙硝蔵・練兵場を設けました。
陣屋跡は、昭和33年(1958年)から同57年(1982年)までの間、兵庫県立村岡高等学校として利用されましたが移転し、現在は、御殿山公園として整備されています。

明石藩
明石藩(あかしはん)は、播磨国明石郡(兵庫県明石市、神戸市西区、神戸市垂水区など)を領有した藩です。藩庁は、明石城に置かれました。譜代と御家門の大名が頻繁に入れ替わったのが特徴です。
江戸時代初頭は、播磨一国を支配する姫路藩池田氏の所領でした。元和3年(1617年)、「池田光政」が鳥取藩に転封となると、播磨姫路藩52万石の所領は、中小藩に分割されました。
「松平信康」の娘「峯高院」が嫁いだ「小笠原秀政」の明石藩10万石、同じく「妙高院」が嫁いだ「本多忠政」の姫路藩15万石及びその部屋住料10万石、忠政の次男「本多政朝」の龍野藩5万石、「徳川家康」の娘「良正院」の遺領を分配した赤穂藩3.5万石、平福藩2.5万石、山崎藩3.8万石、池田氏一族の鵤藩1万石、林田藩1万石となりました。
明石藩は、「大坂夏の陣」での戦傷により秀政は死去、長男「小笠原忠脩」も戦死していたため、信濃国松本藩より次男「小笠原忠真」が入封して立藩しました。
忠真は、それまでこの地方の拠点であった船上城(ふなげじょう)を廃し、明石城を建設しました。明石城は、海上交通の監視、西国大名への押さえの拠点城郭としての性格を担っていました。寛永9年(1632年)、忠真は豊前国小倉藩に転封となりました。その後、寛永10年(1633年)に戸田松平家の「松平庸直」が、7万石で入封しました。翌年18歳で死去したため、兄「松平忠光」の子「松平光重」が継ぎましたが、寛永16年(1639年)に美濃国加納藩へ転封となりました。代わって、同地より「大久保忠職」が、7万石で入封しましたが、慶安4年(1649年)に肥前国唐津藩へ転封となりました。同年、丹波国篠山藩より藤井松平家の「松平忠国」が7万石で入封します。嗣子「松平信之」の時代に、弟「松平信重」に5千石を分知したため、6万5千石となりました。延宝7年(1679年)、「松平信之」は、大和国郡山藩に転封となりました。なお、信之は新田開発を進め、大和国郡山藩転封後は、老中となって名君と呼ばれています。同地より交代で、「本多政利」が6万石で入封しますが、過酷な政策を強いた罪により、天和2年(1682年)に陸奥国岩瀬藩に1万石に減封の上、転封となりました。同年(天和2年)、越前国大野藩より「松平直明」が6万石にて入封し、越前松平家の支配が廃藩置県まで続きました。
越前松平家第8代藩主「松平斉宜」は、第11代将軍「徳川家斉」の二十五男で、この時2万石の加増を受け、8万石(10万石格)となりました。しかし、将軍家の子息を迎えることで莫大な費用を要し、財政難に一層の拍車がかかりました。なお、「徳川家斉」は、特定されるだけで16人の妻妾を持ち、男子26人・女子27人を儲けましたが、成年まで生きたのは半分(28名)だったと言われています。また、長命の子息達は他家の養子となりましたが、養子先に選ばれた諸国の大名の中にはすでに実子が誕生していた例もあったそうです。
幕末には御家門の立場上、佐幕派となり、「鳥羽・伏見の戦い」でも幕府方として参戦しました。その後、明治政府方に恭順しました。

明石城跡

明石城(あかしじょう)は、現在の兵庫県明石市明石公園にあった平山城です。別名、喜春城(きはるじょう)、錦江城(きんこうじょう)とも呼ばれています。中堀の内側は、兵庫県立明石公園として整備され、日本さくら名所100選に指定されています。櫓や石垣は、平成7年(1995年)の「阪神・淡路大震災」で被害を受けましたが全面修復されています。

小野藩
小野藩(おのはん)は、播磨国加東郡を領有した藩です。藩庁は、王子村敷地(兵庫県小野市)に小野陣屋が置かれました。外様大名の一柳氏が、江戸時代初期から廃藩置県まで治めました。
寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩(かんべはん)主「一柳直盛」に伊予国西条藩6万8000石が与えられました。直盛の次男「一柳直家」が、このとき播磨国加東郡内で5000石を分与されました。ところが同年、直盛が任地に赴く途中大坂で没すると伊予国におけるその遺領は男子3人によって分割されることになりました。西条藩3万石は、長男「一柳直重」が継ぎ、三男「一柳直頼」は、伊予国小松藩1万石を分与されています。次男の「一柳直家」には、既に播磨に領していた5000石に加え、伊予国宇摩郡・周敷郡内の2万3000石を分与され、2万8000石の領主となりました。当初、直家は伊予国宇摩郡河上に川之江陣屋を構えて、川之江藩を立藩し、播磨国加東郡の領地を分領として、王子村敷地に代官所を設けて管轄していました。寛永14年(1637年)、直家は播磨国加東郡の代官所を陣屋とし、藩主以下家臣が川之江から移住し、実質的に小野藩が立藩しました。
寛永19年(1642年)、直家に嗣子が無く没したため丹波国園部藩主「小出吉親」の2男「小出(一柳)直次」を直重の女婿として迎え、直家の嗣子として幕府に願い出ました。しかし、当時は末期養子が認められなかったため、伊予国にあった所領は没収されて天領となり、遺領相続という形で「一柳直次」に播磨国加東郡内1万石を与えられた。
末期養子が認められず、後に遺領相続が認められるという事が江戸時代にはよくあります。これは、家臣たちが当主の暗殺を企て、自分たちに都合の良い末期養子を迎えて当主を挿げ替えるという不正を阻止するためと考えられています。死後に問題なければ遺領相続を認めるという形式を採ったようですね。
第3代藩主「一柳末礼」は、駿河加番を延宝6年(1678年)・元禄3年(1690年)の2度務め、元禄5年(1692年)には大番頭となり、元禄16年(1703年)には第5代将軍「徳川綱吉」の御側衆となりました。
加番(かばん)は、江戸幕府における職名のひとつで、大坂城と駿府城に置かれ、定番(じょうばん)または大番に加勢して城を警備していました。歴代藩主のうち、3~6、8・9代の各藩主は、駿河加番となって駿府城の警備を担当していました。なお、第7代藩主「一柳末昭」は、早世のため在番がありません。
第5代藩主「一柳末栄」の代に藩財政が悪化し、質素倹約を主とした財政再建を行い、中興の祖となりました。
天保4年(1833年)、第9代藩主「一柳末延」の代には、大規模な百姓一揆である「加古川筋一揆」が起こりました。天保7年(1836年)には、「大国隆正」を招聘し藩校「帰正館」を開校しました。「一柳末延」の嫡子で、第10代藩主となった「一柳末彦」は、生涯独身を通したため、丹波国綾部藩主「九鬼隆都」の5男を養子に迎え、第11代藩主「一柳末徳」としました。末徳の代で幕末を迎え、最後の藩主となります。なお、末徳の3女「満喜子」は、建築家で近江兄弟社を設立した「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の妻となっています。

小野陣屋跡

陣屋は、台地の先端部に築かれており、北側(小野高校方面)を除いて周囲は断崖になっています。また、東側には3つの池が堀の代用とされていましたが、現在は埋め立てられています。
現在の陣屋跡は、小野小学校の敷地となっていて、正門前に石碑と案内板があります。また、小学校の隣には小野市立好古館があり、陣屋や一柳氏関連の資料、小野市にある中世古城の資料等が展示されています。

三草藩
三草藩(みくさはん)は、播磨国加東郡周辺を領有した譜代大名の藩です。藩庁は、三草陣屋(兵庫県加東市上三草)に置かれました。
越後国高柳藩主「丹羽薫氏」は、元文4年(1739年)大坂定番に任じられ、河内国・播磨国・美作国に所領を移されました。さらに延享3年(1746年)、河内国の所領を播磨国内に移され、三草に陣屋を構えて三草藩が立藩しました。
この丹羽氏は、戦国時代には織田氏の家臣でしたが、「織田信長」の重臣「丹羽長秀」の家とは別家です。先祖の「丹羽氏次」は、信長・信雄に仕えましたが、「小牧・長久手の戦い」以前に「徳川家康」の下へ奔り、その家臣となりました。丹羽氏は高柳藩時代より参勤交代を行わない定府の大名です。慶応4年(1868年)、「戊辰戦争」に際し明治政府方に恭順しました。

三草陣屋跡

三草藩大目付屋敷

源平の合戦で「源義経」が、「平資盛」を夜討ちで破った三草山の南、三草川を自然の堀として陣屋が築かれていました。陣屋跡には、近代的なやしろ国際学習塾が建てられて、玄関脇に陣屋跡の碑があります。 この学習塾の北側には、三草藩家臣の武家屋敷が残り、何となくここ辺りに陣屋あった名残が僅かに残っています。

姫路藩
姫路藩(ひめじはん)は、播磨国飾東郡(兵庫県西南部)を領有した藩です。藩庁は、姫路城(兵庫県姫路市)に置かれました。藩主は外様大名の池田氏に始まり、その後、譜代大名が転々とした末に、寛延2年(1749年)から廃藩置県までは、徳川譜代の名門「酒井氏」が統治しました。石高は、当初52万石でしたが、のちに15万石となりました。
現在の姫路市域は、もともと播磨の守護大名「赤松氏」の地盤でしたが、戦国時代には赤松氏宗家が衰えて赤松氏支流の「小寺氏」の勢力下に入り、姫路城は小寺氏の重臣「黒田氏」が居城としました。「織田信長」の勢力が中国路に伸び、その重臣「羽柴秀吉」が播磨に進出してくると、「黒田孝高(官兵衛)」は、秀吉に姫路城を譲り、織田氏の中国制覇の拠点となります。秀吉が信長の後継者となって、大坂城に移った後も黒田氏には返却されず、秀吉の正室「北政所(きたのまんどころ)」の実兄「木下家定」が、2万5000石を領して姫路城主となりました。
「黒田孝高(官兵衛)」は、子の筑前福岡藩主「黒田長政」とともに福岡城を築城しており、築城にあたっては姫路城を参考にしたと言う説もあります。
慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」の戦功により三河吉田藩15万石を領する「池田輝政」が、播磨一国52万石を与えられて姫路に入封し、木下氏は「徳川家康」によって、備中足守藩に移され、「池田輝政」を池田家初代藩主として姫路藩が立藩しました。輝政が一躍3.5倍の大封を与えられたのは、家康の愛娘「督姫(北条氏直未亡人)」が、後妻となった縁によるものです。輝政の嫡男「池田利隆」は、前妻との間の息子であったため、督姫の生んだ次男「池田忠継」に備前岡山藩28万石、三男「池田忠雄」に淡路一国6万石が与えられました。さらに、輝政の弟「池田長吉」は、兄とは別に因幡鳥取藩6万石を領していたので、池田氏は徳川氏の准一門として、畿内近国の西縁に一家で総計100万石に近い領土を有することになりました。この雄藩「池田氏」の居城としてふさわしいように、播磨52万石の表高の2割打ち出し検地(内高の見直し)を行なうなどの強烈な苛政を極め、一国の総力をあげて築城されたのが国宝「姫路城」です。姫路城を本城とし、他に三木城(伊木忠次)・明石城(池田利政)・高砂城(中村正勝)・龍野城(荒尾成房)・平福城(池田由之)・赤穂城(池田長政)を支城として配置しました。
慶長18年(1613年)、輝政が没すると、第2代藩主「池田利隆」は、次男「池田忠継」が早世したため、岡山藩を継いでいた三男「池田忠雄」に播磨国内西部の13万石を譲り、姫路藩は39万石となりました。さらに、元和3年(1617年)、利隆が若くして没すると、第3代藩主「池田光政」が幼かったため、幼君には要衝姫路を任せられないという理由から鳥取藩32万石に転封されました。
播磨姫路藩の所領は、明石藩の項で記載のとおり、明石藩10万石、龍野藩5万石、赤穂藩3.5万石、平福藩2.5万石、山崎藩3.8万石、鵤藩1万石、林田藩1万石に分割され、姫路藩は、15万石及びその部屋住料10万石となりました。
外様大名の池田氏を体よく追い払った後、姫路藩には徳川四天王の一人「本多忠勝」の子「本多忠政」が15万石で入封しました。さらに、忠政の甥「本多政勝」が、5万石で龍野藩に入り、将軍「徳川秀忠」の娘「千姫(豊臣秀頼未亡人)」と結婚した忠政の嫡男「本多忠刻」が、父とは別に播磨国内10万石を領し、要衝播磨は譜代の名門「本多氏」の総計30万石によって固められました。しかし、忠刻は父に先立って病没したため、忠刻の弟で播磨国龍野藩主であった「本多政朝」が姫路藩15万石を継ぎ、龍野藩5万石を除く余った10万石は、忠政の三男「本多忠義」が4万石、忠政の外孫「小笠原長次」が6万石で、それぞれ分割されました。
寛永16年(1639年)、「本多政朝」の跡を継いだ「本多政勝」は、大和郡山藩15万石に移され、代わって大和郡山藩から「徳川家康」の外孫「松平忠明」が入封します。しかし、寛永20年(1644年)に没し、嫡子が幼いことから慶安元年(1648年)に奥平松平家は、出羽山形藩に転封となります。以後、15万石をもって譜代・親藩の名門が姫路を領し、播磨姫路藩が要衝である故をもって、幼君が出れば転出することが繰り返されました。奥平松平家と交代で出羽山形藩より直基系越前松平家が入りましたが、「松平直矩」が幼少のため、越後村上藩に転封となり、陸奥白河藩より榊原家が入ります。榊原家第3代藩主「榊原政倫」も幼少のため、越後村上藩に転封となり、交代で越後村上藩より成人した「松平直矩」が再び入封します。直矩は、咎を受けた懲罰で、豊後日田藩に転封となり、陸奥福島藩より再び本多家が入りますが、本多家第2代藩主「本多忠孝」が幼少のため、越後村上藩に転封となり、交代に越後村上藩から再び榊原家「榊原政邦(政倫の養嗣子)」が入封しました。
宝永元年(1704年)に再入封した榊原家は、「本多忠勝」と並ぶ徳川四天王の「榊原康政」を祖とする譜代の名門で、3代30年以上にわたって姫路藩15万石を領しましたが、榊原家第3代藩主「榊原政岑」のとき、第8代将軍「徳川吉宗」の倹約令を無視して派手を好み、吉原遊廓の花魁を大名自ら身請けするなどの遊興が幕府の怒りを買い、政岑は隠居を命じられます。隠居に伴い相続した後継の「榊原政純」が幼少のため、榊原氏は越後高田藩15万石に転封となりました。しかし、真の理由は豊かな播磨姫路藩から内高が少なく実収の乏しい越後高田藩への懲罰的転封だったと見られています。
寛保元年(1741年)に榊原氏に代わって再び入封した越前松平家も、その8年後には「松平朝矩」の幼少を理由に上野前橋藩に転封され、代わって、老中首座「酒井忠恭」が、上野前橋藩から入封します。姫路藩の酒井氏は、「徳川家康」の重臣「酒井正親」「酒井重忠」を祖とし、大老「酒井忠世」「酒井忠清」を出した「酒井雅楽頭家」の宗家です。老中を務めていた忠恭の前橋領は、居城が侵食されるほどの大規模な水害が多発する難所であり、加えて酒井家という格式を維持する費用、幕閣での勤めにかかる費用、放漫な財政運用などにより酒井家は財政が破綻していました。忠恭は「同石高ながら実入りがいい」と聞いていた姫路藩への転封をかねてより目論んでいました。しかし、姫路領では前年に大旱魃が起き、そこに重税と転封の噂が重なり、寛延2年(1749年)に「姫路藩寛延一揆」と呼ばれる大規模な百姓一揆が起こっていました。
姫路藩のある飾磨地方は、古代から田畑の開発が進み、比較的豊かでしたが、52万石時代に築城された姫路城を抱えるなど、15万石の身代にはつりあわない格式の高さや、譜代の名門として避けがたい幕政への参与から出費が嵩み、財政は常に厳しい状態でした。藩の出費の多さは領民に高い年貢として跳ね返って不満が募り、藩全域を巻き込んだ一揆に発展していました。
酒井家は、このような状況に気付かないまま転封が実現しました。その年の夏に姫路領内を2度の台風が遅い、水害が発生して大変な損害を出し、転封費用も相まって財政はさらに悪化しました。ともあれ酒井家以降、姫路藩は頻繁な転封がなくなり、ようやく藩主家が安定しました。
酒井家のもとでは転封が収まり、領民にとってはやや安定を取り戻した格好になりますが、藩財政は依然として厳しい状況でした。19世紀の初頭には、藩の借金は73万両という莫大な額にのぼっていました。このような状況のもと、文化5年(1808年)に家老「河合道臣(寸翁)」が諸方勝手向に任ぜられ、財政改革に取り組みました。寸翁は、質素倹約令を敷き出費を抑えさせる一方、領内の各地に義倉(固寧倉)を設けて農民を救済し、藩治を安定させるよう努力しました。また、新田開発を進め、飾磨港を整備し、米の生産と流通を強化しました。さらに、特産品である木綿の専売制を導入して、莫大な利益を藩にもたらし、ついに藩の借金を完済しました。また、姫路藩にはすでに藩校「好古堂」がありましたが、寸翁は私財を投じて「仁寿山黌」を設立し、「頼山陽」や「森田節斉」、「猪飼敬所」らに漢学・国学・医学を教授させ、優秀な人材の育成に取り組みました。
歴代の姫路藩主は、前橋時代同様にしばしば老中・大老を務め、幕政に重きを成しました。幕末には、酒井家第8代藩主「酒井忠績」が、慶応元年(1865年)に大老となり、勤王派の制圧に力を振るいましたが、慶応3年(1867年)に蟄居しました。弟で第9代藩主「酒井忠惇」は老中となりますが、「鳥羽・伏見の戦い」で、徳川将軍家の「徳川慶喜」に随行して大坂退去にも同道したので、「戊辰戦争」では姫路藩は朝敵の名を受け、官軍の討伐対象とされました。在国の家臣は1月17日に無血開城して、姫路城は岡山藩に占領されますが、3月7日になって、藩主「酒井忠惇」の官位剥奪と入京禁止が命じられ、会津藩などと同様に慶喜の共犯者とみなされました。しかし、慶喜が江戸城を無血開城し、恭順の意を表明したため、江戸藩邸にいた「酒井忠績」「酒井忠惇」もそれに従って、新政府軍に降伏しました。ところが、5月5日になって忠績が江戸の大総督府に対して、酒井家は徳川家の臣であり天皇家の臣として主家と相並ぶことを拒絶し、「所領没収を望む嘆願書」を提出してしまいます。姫路藩は5月20日に忠惇が蟄居し、分家の上野伊勢崎藩酒井家から迎えた「酒井忠邦」に地位を譲り、第10代藩主となります。軍資金として15万両を新政府に献上することで、藩存続を許されるものの、佐幕派としての立場が明確となった忠績への対応が迫られることになりました。忠邦や重臣達の説得に忠績は応じず、蟄居中の忠惇も忠績に同調する動きを示しました。7月23日、新政府は家老「高須隼人」・重臣「河合屏山」らに対して、忠績・忠惇の言動の背景には彼らの側近である佐幕派の影響があるとして、彼らの処断を迫りました。このため、高須らは佐幕派の粛清に乗り出し、自害4名・永牢7名など多数の家臣が処分されました。そして9月14日に忠績が、静岡藩家臣である実弟「酒井忠恕」に預けられ、忠惇も静岡藩に身柄を移された後、明治2年9月28日に赦免されて同じく忠恕に預けられました。こうした事情から、明治元年11月に「河合屏山」の進言で、諸藩に先駆けて版籍奉還の建言書を提出します。
こうしてみると姫路は、兵庫県の県庁所在地となっていてもおかしくない歴史がありますね。県名も姫路県になっていたかもしれません。ここには不幸な歴史が重なったと私は考えています。元々豊かな土地柄であったが故に徳川幕府としては、財政力の増大を危惧し、領地を分割してしまいました。更に藩主家を頻繁に交代させることで、藩の力を抑え込む政策を採りました。また、幕末においては、「酒井忠績」「酒井忠惇」の行動が、明治新政府に不信を持たせてしまいました。これが廃藩置県に影響したと考えています。
現在、姫路市の人口は約54万人で、周辺自治体で形成される姫路都市圏全体では約74万人に及びます。順調な歴史を辿っていれば、今頃100万都市を形成していたのかもしれません。とは言うものの近代においては、巨大消費地である大阪に近い神戸の優位性は揺るぎないものです。

姫路城

姫路城下絵図

姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある平山城です。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されています。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として、国の特別史跡に指定されています。また、ユネスコの世界遺産リストにも登録され、日本100名城などに選定されています。別名、白鷺城(しらさぎじょう)とも呼ばれています。
姫路駅構内の展望デッキから見ることが出来ます。「暴れん坊将軍」、「水戸黄門」、「大奥」などのテレビや映画のロケで、江戸城という設定で撮影されています。
姫路城だけで1本のブログになってしまいますので、またの機会にチャレンジさせていただきます。

林田藩
林田藩(はやしだはん)は、播磨国揖東郡に存在した藩です。藩庁は、林田陣屋(兵庫県姫路市林田町聖岡)に置かれました。
豊臣政権下で尼崎郡代700石だった「建部光重」の子「建部政長」が藩祖です。政長の母は、池田氏一族の「池田輝政」の養女で「下間頼龍」の娘です。「大坂の役」において、「池田利隆・忠継」兄弟の幕下で戦功を挙げ、元和元年(1615年)、伯父の「池田重利」とともに摂津川辺郡・西成郡尼崎藩1万石を与えられ、大名に取り立てられました。元和3年(1617年)、宗主である姫路藩主池田氏の転封により林田に移り林田藩が立藩しました。
建部氏は外様大名でありながら、明治維新まで250年余りに亘り林田藩を治めました。また、3名の藩主が大番頭となっており、第3代藩主「建部政宇」は、伏見奉行を務め、後に寺社奉行にもなっています。
第7代藩主「建部政賢」は、寛政6年(1794年)、藩校「敬業館」を開きました。第9代藩主「建部政和」は、大番頭として京都二条城守護に就き、藩校「敬業館」振興のため、講師に「河野鉄兜(こうのてっとう)」を迎えました。この「敬業館」の講堂は、文久3年(1863年)に焼失ののち復興しています。講堂は現存しており平成4年(1992年)姫路市指定文化財に指定されています。第10代藩主「建部政世」の代で幕末を迎え、戊辰戦争では新政府側に与して、姫路藩征伐に参加しました。明治2年(1869年)6月24日、版籍奉還で藩知事に就任しました。

林田陣屋跡

敬業館

林田陣屋(はやしだじんや)は、兵庫県姫路市の郊外、林田の街の西側にある小さな独立丘にありました。林田中学校が陣屋跡への目印となっており、中学校の脇に藩校「敬業館」の建物が現存しています。中学校と敬業館の間の道を入ると、「建部神社」が陣屋の東曲輪跡に建てられています。現在は、一面に梅の樹が植えられ、「聖ヵ丘梅林」となっています。 南側の斜面には、石垣が残っています。

龍野藩
龍野藩(たつのはん)は、播磨国龍野周辺を領有した藩です。藩庁は、龍野城(兵庫県たつの市)に置かれました。
江戸時代初頭は、播磨一国を支配する姫路藩池田氏の領有する地でした。元和3年(1617年)、「池田利隆」が33歳の若さで没すると、嗣子の「池田幸隆(光政)」は、幼少であったため、鳥取藩に転封となりました。明石藩の項で記載のとおり、播磨は分割され、このうち龍野には上総国大多喜藩より譜代大名の「本多政朝」が5万石で入封し、龍野藩が立藩しました。政朝は、鶏籠山上の山城であった龍野城を山麓に移し、近世平山城として再構築しました。寛永3年(1626年)、実兄で姫路藩主の「本多忠刻」が嗣子なく没したため、政朝は寛永4年(1627年)に宗家である姫路藩を継ぎました。代わって、「本多忠刻」の甥「小笠原長次」が、龍野領5万石に忠刻の妻千姫の化粧料10万石のうち1万石を与えられ、計6万石をもって入封しました。長次は、寛永9年(1632年)に2万石の加増を受け、豊前国中津藩に転封となりました。これにより一時、龍野は幕府直轄となりました。
寛永10年(1633年)、「岡部宣勝」が美濃国大垣藩より5万3千石で入封しました。しかし、寛永13年(1636年)には摂津国高槻藩に転封となりました。これにより再び幕府領となりました。寛永14年(1637年)、末期養子が認められなかった外様大名の「京極高和」が、出雲国松江藩より6万石で入封しました。高和は、万治元年(1658年)、讃岐国丸亀藩に転封となりました。龍野領は三たび幕府領となり、龍野城も破却されました。
寛文12年(1672年)、信濃国飯田藩より「脇坂安政」が、5万3千石で入封しました。幕府より城の再建を許され、龍野城は修築されました。脇坂家は元々外様大名でしたが、「脇坂安政」は、老中「堀田正盛」の次男であったため、天和3年(1683年)に願譜代となり、それ以降、脇坂家は正規の譜代大名となっています。宝永6年(1709年)に脇坂家第3代藩主「脇坂安清」が入封した際、弟の「脇坂安利」に2千石を分与し5万1千石となり、以後これが龍野藩の表高となりました。第8代藩主「脇坂安董」は、28年にわたって寺社奉行を務め、老中まで累進しています。寺社奉行時代には、西本願寺の騒動を裁断するなど仏教界の綱紀粛正に努めました。老中時代には、但馬国出石藩の仙石騒動を処断し、家老「仙石左京」の獄門、藩の石高を半減するなどの辣腕を振るいました。このため、「5万石でも脇坂様は花のお江戸で知恵頭」と謳われました。また、彼は藩政でも才幹を発揮しました。寛政2年(1790年)、価定方役所(あたいさだめかたやくしょ)を設置し、物価安定を図りました。文化2年(1805年)、江戸に藩校「敬楽館(けいごうかん)」を開き、天保5年(1834年)には、龍野に「文武稽古所」を開き、人材の育成に努めました。
江戸時代には、地元産の大豆・小麦、赤穂産の塩を原料とする醤油製造が盛んになり、天保年間(1830年 – 1844年)に至って隆盛を極めました。醤油(特に薄口醤油)は、現在でも龍野の特産品として知られています。
第9代藩主「脇坂安宅」も寺社奉行・京都所司代・老中と累進しています。天保13年(1842年)に江戸の藩校を廃止、龍野の「文武稽古所」を藩校「敬楽館」とする教育改革を行いました。
幕末には老中を輩出したことから佐幕であり、幕府側も龍野藩を頼りにしていました。しかし、第10代藩主「脇坂安斐」は、第二次長州征伐において出兵したものの、播磨国内の赤穂郡で進軍を止めました。以後、同藩は勤王に転じ、慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では越後に出兵しました。
脇坂家の藩主は代々優秀だったようですね。だからこそ時代の流れは止められないことをいち早く悟ったのではないでしょうか。
地元では未だに脇坂家への敬愛の念が残ると言われ、一部には隣藩だった姫路への強いライバル意識があると言われています。

龍野城隅櫓

龍野城(たつのじょう)は、兵庫県たつの市龍野町にある平山城です。別名、霞城とも呼ばれています。石垣のみが残っていますが、御殿・武具櫓・隅櫓(模擬)・埋門が再建されています。この他、東門が市内揖保川町浄栄寺の山門として、大手門が同じく揖保川町因念寺の山門として、それぞれ移築現存しています。また、どこの門かは定かではありませんが、市内揖保川町光遍寺の山門および揖保郡太子町常全蓮光寺の山門が、城門を移築したものと伝われています。

赤穂藩
赤穂藩(あこうはん)は、播磨国赤穂郡(兵庫県赤穂市、相生市、上郡町)周辺を領有した藩です。藩庁は、赤穂郡加里屋の赤穂城に置かれました。ご存知のとおり「忠臣蔵」で有名な藩です。なお、武鑑(大名や江戸幕府役人の氏名・石高・俸給・家紋などを記した名鑑)では、元禄以前は藩主居城を「播州加里屋」「播州かりや」「播州之内苅屋」と表記するものもあったようです。
播磨一国の太守である「池田輝政」の5男「池田政綱」は、元和元年(1615年)、兄「池田忠継」の死後、岡山藩を相続した「池田忠雄」より、母「良正院」の遺領分のうち3万5000石を分知され赤穂藩が立藩しました。寛永8年(1631年)、「池田政綱」は嗣子なく没し、播磨国佐用郡平福藩で2万5000石を領していた弟「池田輝興」に相続が認められました。しかし、輝興は、正保2年(1645年)に突然発狂して正室や侍女数人を斬殺し、本家である岡山藩主「池田光政」の預かりとなり、改易となりました。代わって、常陸国笠間藩より「浅野長直」が、5万3000石で入封しました。長直は石高にそぐわない宏壮な赤穂城を旧城の南に13年かけて築城し、更に城下町も造営しました。転封とこの工事により財政は悪化しました。
池田氏の代より始まっていた塩田開発を奨励し、整備を行い塩を赤穂の特産品としました。以後、当時は通称「赤穂塩」と呼ばれ、赤穂の特産として藩財政を支えて行くこととなります。現在の現地遺跡の発掘により、その起源は、弥生時代にまで遡るとする研究結果もあります。
第2代藩主「浅野長友」は、寛文11年(1671年)、義兄「浅野義弟」に3000石を分知し、石高は5万石となりました。
元禄14年(1701年)、第3代藩主「浅野長矩(内匠頭)」は、江戸城中で高家旗本「吉良義央」に斬りつけ、長矩は切腹、浅野家は改易となりました。そして元禄15年(1702年)に家臣による「吉良邸討ち入り」(赤穂事件)が起こりました。これらは、当時の赤穂藩の筆頭家老であった「大石良雄(内蔵助)」ら47名の赤穂藩浪士の起した「忠君義挙(忠臣蔵)」として後世に長く伝えられることになります。
刃傷事件で改易となった元禄14年(1701年)に、代わって、下野国烏山藩より「永井直敬」が、3万2000石で入封します。しかし、5年後の宝永3年(1706年)には、信濃国飯山藩へ転封となっています。同年、備中国西江原藩より「森長直」が、2万石で入封します。廃藩置県までの12代165年間、赤穂藩主としては最も長く在封しました。森家の在封期間を通じて藩政は困窮しており、時代を追うごとに悪化の一途を辿りました。第5代藩主「森忠洪」は、財政改革を断行し、藩主自ら質素倹約を行い、貯蓄を奨励しました。更に塩田開発や蝋燭の原料となる櫨の植林等、殖産興業にも努めました。しかし、財政の再建はままなりませんでした。第10代藩主「森忠徳」は、文化6年(1809年)、遂に塩を専売制としました。幕末の安政4年(1857年)になると、藩政の改革をめぐり保守派・革新派の対立が起こり藩内は分裂しました。革新派の一部は脱藩し、長州藩へ奔りました。文久2年(1862年)、攘夷派が保守派の家老を暗殺するという事件が起こり、藩論は分裂したまま明治維新を迎えることとなりました。
忠臣蔵まで紐解くと一本のブログが出来そうなので、別の機会に回します。

赤穂城

赤穂城(あこうじょう)は、兵庫県赤穂市にある平城です。国の史跡に指定され、本丸庭園と二の丸庭園は名勝に指定されています。別名・加里屋城や大鷹城とも呼ばれています。明治時代前期に城内の建物は破却され、石垣と堀のみが残っていました。昭和中期から平成にかけて櫓・門・塀・庭園が徐々に再建され、現在も二の丸庭園の再建が進められています。また、昭和3年(1928年)から昭和56年(1981年)の間には、本丸内に西洋洋館風の赤穂高校(旧制赤穂中学)の校舎が建っていましたが、現在、建物はありません。往時の建物の間取りを原寸で地面に再現してあり、その規模や暮らしぶりの一端を窺うことができます。

安志藩
安志藩(あんじはん)は、播磨国赤穂郡・佐用郡・宍粟郡の一部を領有した譜代大名の藩です。藩庁は、安志(兵庫県姫路市安富町安志)に安志陣屋が置かれました。
享保元年(1716年)、中津藩第5代藩主「小笠原長邕」が5歳で早世しましたが、弟の「小笠原長興」は、「大坂の役」で家祖である「小笠原秀政・忠脩」父子が戦死した「祖先の勤労」により、安志に1万石で立藩が認められました。
安志藩は、「小笠原秀政」の長男「小笠原忠脩」の家系であり、小笠原氏嫡流です。しかし、忠脩が「大坂の役」で戦死して以後は、遺児「小笠原長次」が幼年であったため、忠脩の弟「小笠原忠真」の家系が小笠原氏の宗家に据えられました。
藩祖「小笠原長興」は、生来から病弱だったため、わずか19歳で隠居します。しかし、継嗣がいなかったため、小倉藩第3代藩主「小笠原忠基」の次男「小笠原長逵」を第2代藩主に迎えました。このため、以後、小倉藩の支藩の如く扱われるようになりました。なお、小笠原氏はかつて信濃国守護だったため、初代藩主以外の藩主は代々「信濃守」を名乗りました。

旧安志藩陣屋表門

安志陣屋(あんじじんや)跡は、安富中学校の敷地となっており、陣屋の遺構は何も残っていません。中学校のグランド脇に「安志陣屋跡」の石碑が建てられているだけです。現在、安富町役場近くにある真光寺に、陣屋表門が山門として移築されています。

山崎藩
山崎藩(やまさきはん)は、播磨国宍粟郡周辺を領有した藩です。藩庁として山崎(兵庫県宍粟市山崎町)に山崎陣屋が置かれました。宍粟藩(しそうはん)とも呼ばれています。
山崎藩は、姫路藩初代藩主「池田輝政」の4男「池田輝澄」を藩祖とします。慶長20年(1615年)5月、輝澄の同母兄で岡山藩主の「池田忠継」が早世すると、忠継が相続していた母「良正院」の遺領分10万石のうち播磨国宍粟郡3万8千石を分与されて鹿沢(山崎)に陣屋を構え立藩しました。寛永8年(1631年)には、赤穂に転封となった弟「池田輝興」の所領3万石を加増されました。しかし、これにより新規に召し抱えた家臣団の中から抜擢された家老「小河四郎右衛門」と譜代の家老「伊木伊織」との対立が表面化し、寛永17年(1640年)に、お家騒動(池田騒動)に発展しました。姻戚の林田藩主「建部政長」が調停にあたりましたが、失敗し伊木派の藩士が多数脱藩しました。幕府の裁定により「伊木伊織」以下20名が切腹、輝澄は改易され、甥の鳥取藩主「池田光仲」預かりとなりました。輝澄は、「徳川家康」の外孫ということもあって、鳥取藩内の鹿野において堪忍料1万石を与えられました。のちに輝澄の子「池田政直」は、寛文2年(1662年)に播磨国福本藩に1万石を与えられ大名に復帰しました。
寛永17年(1640年)、和泉国岸和田藩より「松平康映」が、5万石で入封するものの、慶安2年(1649年)には、石見国浜田藩へ転封となり、その後はいったん公儀御料となりました。しかし、3か月後には備前国児島藩より「池田恒元」が3万石で入封します。その後、第3代藩主「池田恒行」が、延宝6年(1678年)に早世し、末期養子もなかったため改易となりました。延宝7年(1679年)、大和国郡山藩より「本多忠英」が1万石で入封し、以後、本多氏が明治維新までこの地を治めました。忠英の長男「池田忠良」は、本家筋にあたる越後国村上藩主「本多忠孝」が、子をなさずに早世すると末期養子としてこれを相続しました。このため、忠英の次男「本多忠方」が2代藩主となりましたが、忠方は早世したため、忠英の三男「本多忠辰」がこれを継ぎました。
第8代藩主「本多忠鄰」は、藩校「思斎館」を開き、財政再建にも尽力しました。しかし、幕末、「第一次長州征伐」に出兵して以後は財政が傾き、「第二次長州征伐」や「鳥羽・伏見の戦い」には、戦費不足から出兵できないという事態に陥りました。

山崎陣屋跡

山崎陣屋(やまさきじんや)は、元和元年(1615年)、「池田輝政」の四男「池田輝澄」によって築かれた山崎城を起源とします。その後、松井松平氏、池田氏(前記とは別家)を経て廃城となりますが、延宝8年(1680年)に「本多忠英」が入り、城跡に陣屋を築きました。陣屋跡の中心は本多公園となり、紙屋門が現存し石垣と堀跡の一部も残っています。

三日月藩
三日月藩(みかづきはん)は、播磨国佐用郡三日月(兵庫県佐用郡佐用町三日月)周辺を領有した藩です。藩庁は、三日月陣屋に置かれました。別名、乃井野藩(のいのはん)とも呼ばれています。
元禄10年(1697年)、宗家の美作国津山藩「森家」の改易にともない、津山新田藩主「森長俊」が、同じ石高の1万5千石を与えられ立藩しました。佐用郡・揖西郡・宍粟郡内の一部を領有し、9代174年間この地に在封しました。
第5代藩主「森快温」は、寛政7年(1759年)に私財を投じ藩校「廣業館」を開きました。
明治初頭の「戊辰戦争」では、官軍方として東北遠征に参戦しています。

三日月陣屋

三日月陣屋(みかづきじんや)は、兵庫県佐用郡佐用町にあり、別名を乃井野陣屋(のいのじんや)といいます。明治4年(1871年)の廃藩置県により、藩庁としての役目を終え解体されました。その中で物見櫓と長屋は小学校に移築され、公民館として使用されていました。陣屋正門は、西法寺山門として移築されましたが、平成15年(2003年)に元の位置で復元整備され、かつての威容を目にすることが出来るようになりました。

福本藩
福本藩(ふくもとはん)は、江戸時代初期および明治維新期のごく短期間存在した藩です。藩庁は、播磨国神東郡(兵庫県神崎郡神河町福本)に福本陣屋が置かれました。
交代寄合旗本「池田家」の知行地でしたが、鳥取藩に預けられた「池田輝澄」を祖に持つ経緯から鳥取藩との関係が強く、その支藩的立場でした。
寛永17年(1640年)、山崎藩主「池田輝政」の四男「池田輝澄」は、お家騒動を咎められて改易され、甥の鳥取藩主「池田光仲」に預けられました。輝澄は、「徳川家康」の外孫であることもあり、鳥取藩から堪忍分として鹿野1万石が給されました。寛文2年(1662年)、輝澄の子「池田政直」は、堪忍分1万石を相続しました。
寛文3年(1663年)、政直に対して播磨国内(神東郡・神西郡・印南郡)1万石が新たに与えられ、福本藩が立藩しました。寛文5年(1665年)、政直は嗣子なく没し、遺領は政直の弟である「池田政武」に7000石、「池田政済」に3000石が分割相続され、2つの旗本家となりました。このうち福本7000石の領主となった政武は、交代寄合の格式となりました。貞享4年(1687年)に政武が没すると、嗣子の「池田政森」に6000石、次男「池田政親」に1000石が分割されました。以後、「池田政済」3000石、「池田政森」6000石、「池田政親」1000石で、3家が代々明治維新まで存続しました。
第7代当主「池田喜通」は、安政2年(1855年)藩校「乾々館(けいけいかん)」を開きました。慶応4年(1868年)6月、鳥取藩蔵米3,500石を与えられるとともに石高直しにより10,573石となり、再立藩しました。明治2年(1869年)に藩校「乾々館」は移設され、「時習館」と改称されました。明治3年8月(1870年6月)、第8代当主「池田徳潤」は、福本藩知事となりますが、明治3年11月(1870年10月)に藩財政困窮のため、鳥取藩に併合され廃藩となりました。

福本陣屋跡

福本陣屋(ふくもとじんや)は、現在の大歳神社境内に築かれていました。藩邸は大歳神社の社殿の所にあり、南にある庭園は池泉回遊式庭園と呼ばれ、元禄年間(1688年~1704年)の古図面そのままに現存しています。陣屋には、堀などは巡らされていなかったようですが、石垣や土塁が一部残っているようです。

洲本藩(徳島藩)
淡路国洲本藩は、江戸時代初期に存在しましたが、江戸時代のほとんどの期間を徳島藩領となっていました。また、廃藩置県においても徳島県に入っていましたが、第一次府県統合で兵庫県に編入されています。詳しくは、徳島県編を閲覧ください。

 

如何でしたでしょうか。兵庫県は、神戸と姫路の歴史が興味深いですね。姫路よりも神戸が発展したのは、近代国家を形成するために神戸港を整備することが明治政府にとって重要視されていたからですね。中でも神戸の街づくりに多大な影響を及ぼした摂津三田藩第13代藩主「九鬼隆義」の存在は大きかったようです。また、初代官選兵庫県知事「伊藤博文」が、後に初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣となったことは、神戸の発展に大きな影響があったことは疑う余地もないでしょう。

 

バックナンバー

中 国

歴史を紐解く(廃藩置県)- 岡山県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 鳥取県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 広島県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 島根県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 山口県編

四 国

歴史を紐解く(廃藩置県)- 高知県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 徳島県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 香川県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 愛媛県編

九 州

歴史を紐解く(廃藩置県)- 長崎県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 佐賀県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 沖縄県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 鹿児島県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 宮崎県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 大分県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 熊本県編
歴史を紐解く(廃藩置県)- 福岡県編



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です